生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4. nanapi編集部が選ぶ!スマホ最新機種徹底比較
パソコン・ソフトウェアのハウツー

nanapi編集部が選ぶ!スマホ最新機種徹底比較 PR

nanapiトピックス

自分に合うスマホが分からない…

待ちに待った「iPhone 5s」が発売され、ますますの充実を見せるスマートフォンのラインナップ。一見どれも同じように見えますが、実はそれぞれ違った特徴があるだけに、「自分に合うスマホが分からない」とお悩みの方も多いはずです。

今回は、主要3キャリアの最新スマートフォンの特徴を機種別にまとめてみました。自分にあった1台を見つけたい方は、是非ご参考ください!

ディズニー・モバイルやらくらくスマホ等一部端末を除く、主要3キャリアから発売されている2013夏モデル端末を対象としています。

改めて考えたい!iPhone VS Andorid

スマートフォン購入にあたってまず考えたいのが、iPhoneとAndroidどっちにしよう…?ということです。目的が明確な人はさておき、改めてiPhoneとAndroidはどんな特徴があるのか?を見てみましょう。

よくわからないならiPhone

iPhoneの操作は、難しそうに見えて実は簡単。ボタンも少ないですし、直感的に操作ができます。またSiriを使えば、音声でも様々な指示を出すことができます。機種が変わっても基本の操作は変わらないため、一度覚えてしまえば機種変更をしても操作に戸惑うことはそうありません。

その他、以下のような特徴があります。

  • 音楽を転送したり購入するのが簡単
  • デフォルトの地図アプリとSiriを使えば優秀なカーナビになる
  • ゲームアプリの数が豊富
  • サクサクと動く快適な操作感

カスタマイズしたいならAndroid

Androidはとても自由度が高く、iPhoneよりも自分好みのスマホにカスタマイズしやすいのが特徴です。システム自体はGoogleが作っているものの、ハードは様々なメーカーによって作られているため、様々な機種が出ているのも魅力です。日本メーカーの機種だと、おサイフケータイ、デコメ、ワンセグ、赤外線通信といった機能を備えているものもあります。

その他、以下のような特徴があります。

  • パソコンと連携しやすい
  • 日本語変換アプリを自由に変更できる
  • ホーム画面を有効活用するウィジェットが使える
  • アプリの数がこれからどんどん増えていきそう

あなたはiPhone派?Android派?

「発売以降ずっとiPhoneです!」「Androidの方がガラケー機能を引き継いでるので使いやすい」など意見が割れるのが、iPhone VS Android対決ですよね。実際のところ、どちらの意見が多いのでしょうか?
nanapiでは以下の「androidよりもiphone」というアンケートがありました。アンケートに答えて、結果を参考にしてみてくださいね!

OPINION:118

表示されないかたはこちらからどうぞ!

こんな人におすすめ!特徴別新規機種まとめ

iPhoneとAndroidどちらにするかが決まったら、いよいよ機種選びです。

OS、デザイン、ディスプレイ性能、機能性など比較ポイントはたくさんありますが、一般的にはどんな風に選ばれているのでしょうか?ある調査によると決め手となるポイントは、機能の充実度・デザイン性などから、バッテリーの持ち時間などに少し変わりつつあるようです。生活必需品となりつつあるということでしょうか。

この調査をふまえ、今回nanapi編集部では毎日持ち歩くことを重視した比較ポイントをピックアップしてみました。

  • 1:重さ
  • 2:バッテリーの持ち時間
  • 3:持ちやすさ
  • 4:その他機能性(ワンセグなど)

今回はこの4つのポイントを元に、比較していきます。

今回比較する3キャリアの最新スマホ

重さで選ぶなら!

iPhone5sは重さ112gと、かなり軽量。また大きさは、幅約5.8cm×高さ約12cm×厚さ約0.7cm。幅が6cmを切っているスマホはあまりありませんので、非常に小型で軽量のスマホと言えるでしょう。

DIGNO R 202Kは、防水のスマホとしては世界で最も軽いスマホです。その重さ、なんと約94g!卵1個が約50gなので、卵2個分よりも軽いのです。幅約6cm×高さ約12cm×厚さ約1cmと、手のひらサイズの小ささなのも魅力。大きさ・軽さだけでなく、長持ちバッテリーや快適な通話など、機能も充実しています。

AQUOS PHONE ss 205SHは、DIGNOR R 202Kとほぼ同じ大きさの幅約6cm×高さ約12cm×厚さ約1cm。重さは約119gです。素早く、きれいに撮れるカメラが特徴で、メインカメラはなんと約1310万画素。iPhone5以降のカメラは約800万画素なので、かなりきれいに撮影できることが分かります。

バッテリーの持ち時間で選ぶなら!

AQUOS PHONE SERIE(SHL22)は、連続待受時間がLTEエリアで約590時間、連続通話時間が約1,250分。脅威のバッテリーです。それだけでなく、約1310万画素のカメラ、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信など多彩な機能を備えています。

URBAND(L01)は、連続待受時間がLTEエリアで約510時間、連続通話時間が約1,210分。急速充電も可能です。また独自の機能により、クリアな音声での通話をサポートしてくれます。スマホ初心者にも使いやすいように設計されているので、初めてのスマホにオススメです。

ARROWS A 202Fは、連続待受時間がLTEエリアで約510時間、連続通話時間が約1,010分。充電なしでも2日以上起動できる、大容量バッテリーを備えました。最先端のクアッドコアを搭載し、使用状況に合わせて最適なパフォーマンスを実現します。

AQUOS PHONE Xx 206SHは、連続待受時間がLTEエリアで約430時間、連続通話時間が約1,000分。長持ちするバッテリーはもちろん、5.0インチの大きなディスプレイと高画質エンジンで、美しい液晶を楽しめます。

持ちやすさで選ぶなら!

持ちやすさでは、大きさや軽さはもちろん、形状やボタンの位置なども重要になります。iPhoneはスマホの中では小型で軽いだけでなく、また角が滑らかな形になった長方形です。また、あまりボタンや穴がないため、非常に持ちやすいと言えます。

DIGNO R 202Kは、上述しましたが、とても軽い・小さいAndroidです。手のひらに収まるサイズであり、こちらも角の滑らかな長方形であるため手によく馴染みます。

その他機能性で選ぶなら!

iPhone5sは、上述の通り指紋認証システムが使えるようになりました。またビデオ撮影中にズームイン・ズームアウトができたり、スロー再生を編集できるようになったりと、動画撮影の面でもかなり楽しめるようになっています。

docomo ARROWS NX F-06Eは、とにかく大きいディズプレイで、家庭用テレビと同じ高精細な地上デジタル放送を視聴できる「フルセグ」が楽しめる機種です。

自分に合ったスマートフォンを選ぼう

いかがでしたか?たくさんの機種が出ていてなかなか選ぶのが難しいスマートフォンですが、ぜひ店頭で実際に持ってみるなどして、自分にぴったりのスマートフォンを探してくださいね!

(image by PresenPic)

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る