生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. お米を美味しくするためのWebで買えるグッズ8選
趣味・娯楽のハウツー

お米を美味しくするためのWebで買えるグッズ8選 PR

nanapiトピックス

はじめに

秋は収穫の季節で、夏には緑一面だった田舎の田園も徐々に黄金色に輝いてくるころですね。収穫したての新米の味はやはり格別で、毎年楽しみにしている方も多いと思います。

実はお米の味は洗米や保存の方法で更に美味しくすることができます。

今年の新米をもっと堪能したい方に向けて、この記事ではお米をもっと美味しくするためのグッズを8つご紹介します。

お米を美味しくするために欲しいグッズ8選

1.米(マイ)スターボウル

米(マイ)スターボウルは、お米を素早く、そしてムラなく研いで美味しく仕上がる、お米研ぎ専用のボウルです。見た目は取っ手の付いたただのボウルのようですが、内側には234個の丸い凸が付いています。

この凸がお米同士の摩擦を均等に生じさせて短時間で簡単にムラなくお米を研ぐことができます。

さらに、ボウルの上部にはザル状に穴が開いており、水切りが簡単にできるよう工夫されています。

時短で上手にお米を研ぎたい方は必見の便利アイテムです。

ボウル外側の底にはシリコン素材が付いているので、研いでいる最中にボウルを滑らせる心配がありません。
「米(マイ)スターボウル」の詳しい情報はこちらです。

2.セラミックおひつ

セラミックおひつは、炊いたご飯を美味しく保存するための「セラミック」製のおひつです。

通常、電子ジャーで炊いたご飯を保温してしばらくおくと、水分が飛んで黄ばんでしまいます。

セラミックおひつには無数の小さな気孔があるので、調度良く水分を含み乾燥を防いでくれるので、美味しくご飯を保存することができます。

長い時間ご飯を保存するときはセラミックおひつを冷蔵庫に入れて、食べる時に米びつをレンジでそのまま温めることができるので、時短アイテムとしても優秀です!

1.5合用と3合用がラインナップされているので、ご飯の量に合わせて選びましょう。
「セラミックおひつ」の詳しい情報はこちらです。

3.米研ぎ名人

米研ぎ名人は、手を濡らすことなく洗米できる、米研ぎ用のブラシです。

持ち手の先に2本のシリコン製ブラシがついており、手で研ぐよりも丁寧にしっかりとお米を研ぐことができます。

使い方は簡単で、洗米するときに手で洗米するかわりに米研ぎ名人を米に入れ、くるくる回すだけ!

また、手で洗米するときに力の加減しだいで米が割れてしまうことがあるのですが、米研ぎ名人のシリコン製ブラシは柔軟性があるのでその心配がありません。

爪を傷つけたくないときや、手荒れを気にしている人にもオススメのアイテムです。

「米研ぎ名人」の詳しい情報はこちらです。

4.米スターの米ポット

米スターの米ポットは、米の保存・計量が簡単にできる米びつです。

普通の米びつとは異なり、縦に長い形をしているので、冷蔵庫のドアポケットなどにコンパクトに収納して鮮度を保つことができます。

お米を出す時はポットを傾けて蓋に付いているレバーをスライドさせるだけで1合分を計量して出すことができるのでとても楽ちん!しかも計量時に米をこぼす心配がありません。

また、米ポット本体は水洗いができて衛生的です。冷蔵庫保存と相まって虫の発生を避けることもできます。

「米スターの米ポット」の詳しい情報はこちらです。

5.お釜にポン

お釜にポンとは、ご飯を炊くときに「ポン」と1粒お釜に入れるだけで、ご飯にビタミンEなどの栄養を加え、ふっくらつややかに炊きあげてくれる栄養機能食品です。

1つ入れて炊き上げれば、いつものご飯をさらに美味しく栄養もプラスしてくれる魔法のようなアイテムです!

「お釜にポン」の詳しい情報はこちらです。

6.HOTデシュラン2

HOTデシュラン2は、なんとお米が炊ける弁当箱です!また、ごはんが炊けるだけでなく、おかず温め機能や、焼く、煮るなどの調理機能まで付いている大変画期的な弁当箱なのです。

使い方は炊飯器部分に水と米をセットし、おかず入りの容器を乗せ、スイッチをONにするだけです。

また付属のフライパンを使用するとその場で調理をすることができます。焼く、煮る、蒸す、と食材に応じて調理方法の変更ができるので、いろんな場面で役立ちます。

「HOTデシュラン2」の詳しい情報はこちらです。

7.桐の米びつ

桐製の5kg入る米びつです。非常に気密性が高い作りになっているため、湿気や虫の侵入を防ぎます。また、桐は木ですが、白アリに食べられることもありません。

プラスチック製のケースは湿気や虫の付着などが原因で、米の味が劣化しやすいのですが、桐の米びつはそれらの味の劣化を防いでくれます。

美味しいままの状態でお米を保存しておきたい方は是非手に入れましょう!

「桐の米びつ」の詳しい情報はこちらです。

8.お米じまんV/ハンディ精米機 SD-5000

「精米したて」のお米の美味しさと「栄養を残したまま精米」できるハンディ精米機です。

白米と米ぬかを分けて精米する機能が付いているので、栄養分が沢山つまった米ぬかを無駄にすることなく精米することができます。また、玄米のぬかをあえて少し残したまま精白された分つき米を作ることもできます。

玄米より食べやすく白米より栄養がある分つき米を作ることができるので、美味しく家庭の健康食を作りたい方や肌の健康を整えたい方にオススメです!

「お米じまんV/ハンディ精米機 SD-5000」の詳しい情報はこちらです。

おわりに

洗米や保存の方法次第でお米はもっと美味しくなります。どのグッズも良く工夫されていて、簡単にお米を美味しくできるように考えられています。

ぜひこれらのアイテムを使って新米の味をさらに引き立ててみてはいかがでしょうか。

(image by PresenPic)

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る