生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 手軽さがカギ!これなら続く、普段のご飯を美容食にする方法
美容・ビューティ

手軽さがカギ!これなら続く、普段のご飯を美容食にする方法

nanapiトピックス

普段のご飯を、美容と健康に効く「美容食」に

美容や健康のために、毎日体に良いものを取り入れようと努力している女性は多いですよね。

野菜を多く摂る、素材はなるべく良いものを選ぶ、出来合いのものは食べない、サプリメントを飲む…などなど、「毎日続けるのが大変!」と思っている人も多いのではないでしょうか? バリエーションが少なく、同じものばかりで飽きてしまうという人もいるかもしれませんね。

そんな時、普段食べている食べ物が美容食に変身したら嬉しいと思いませんか? ここでは、手軽に続けられる、ご飯を美容食にする方法をご紹介します!

食べ物に加える

ゼラチンを調味料に加える

市販のコラーゲンパウダーより安価で体に優しいのが「ゼラチン」です。料理用のものがスーパーなどで手軽に手に入りますよね。ゼラチンは牛や豚のたんぱく質からつくられています。コラーゲンパウダーの成分と同じものです。

市販の商品では、5gの顆粒で4,000~5,000mgのコラーゲンが摂取できます。香料や乳化剤、増粘剤、植物油脂、甘味料などの添加物を含まず、食べ物に混ぜるとコクやジューシーさが出ておススメです。

市販のコラーゲンパウダーが200gあたり約2,000円のところ、ゼラチンであれば、1kgで2,000~3,000円で購入できます。このゼラチンを、使っている調味料などにティースプーン1杯(5g)ほど入れてしまいましょう。

  • ふりかけ
  • 顆粒出汁
  • 砂糖・塩
  • ココアなどの粉末状の飲み物
  • きなこなどの粉末状の食べ物 など…

あとは、普通に料理に使うだけで、手軽に毎日コラーゲンを補給することができます。手間もかからず、コストパフォーマンスも良いです。

また、ご飯を炊くときに入れる(5合で5g)と、もっちりしたご飯が炊けますし、鍋料理に入れる(4人分10g)だけでコラーゲン鍋にもなります。ハンバーグに混ぜる(2人分5g)ととってもジューシーに仕上がりますよ。ぜひ試してみてください。

飲み物にわざわざ入れなくても、このように毎日継続して摂取することで、知らず知らずのうちに肌や爪、髪などが丈夫になってきますよ。

ゼラチンは湿気が多いと固まってしまいます。開封後は密閉できる袋に入れてジッパーをしっかり閉める、シリカゲルなどの乾燥剤を入れるなどしておきましょう。
牛由来のゼラチンは癖のないあっさりした食べ物、豚由来のゼラチンは味が濃くコクを出したい食べ物に使うと料理が美味しくなります。

どの製品にも言えることですが、過剰摂取はやめましょう。アレルギーの原因になったり、腎臓に負担がかかります。

亜麻仁油をサラダに加える

サラダにマヨネーズやドレッシングをかける時、油が気になりませんか?市販のドレッシングには、どの成分よりも多く油が入っています。野菜をたっぷり食べても、それにあわせてドレッシングの量が増えたら・・・なんだか腑に落ちませんね。

ノンオイルであればカロリーも安心です。しかし、味気ないと思う人も多いでしょう。そんな時、健康にも美容にも良く、サラダを更に美味しくしてくれる万能オイルが「亜麻仁油」です。

100gで1,000円程度なので高く感じますが、1日の摂取量がスプーン1杯で十分なので比較的コストパフォーマンスは優秀です。

亜麻仁油はα-リノレン酸(オメガ3系)に分類されるオイルで、体の中でEPAやDHAに変化するので痴呆予防ができます。更に、アトピーや花粉症などの改善や免疫力アップ、血液サラサラ効果やダイエットなど、さまざまな働きをしてくれます。

サラダ以外にもスムージーに小さじ1杯、お味噌汁に小さじ1杯と加えるだけで、コクがでて美味しい料理になりますよ。

肌荒れやアトピーに直接塗ってもいいオイルです。肌の弱い人もすべすべピカピカになりますよ。
非常に酸化しやすいオイルなので、100g程度で遮光ビンに入ったものを選び、保存するときはしっかり蓋を閉めましょう。
脂肪酸は非常に熱に弱いので、熱処理するのはやめましょう。食べる直前にそのまま食べ物にかけて摂取すると良いでしょう。

食べ物を変える

調理用(加熱用)の油を変える

調理用の油は日々体に吸収されるものですので、なるべ良い油を使いたいものです。今では、トランス脂肪酸が多く含まれている油、コーン油・紅花油・ひまわり油・キャノーラ油などは健康に悪い油と言われています。

「私はオリーブオイルを使っているから大丈夫!」という人もいると思いますが、オリーブオイルは火にかけると性質が変わってしまうのをご存知ですか?もちろん、普通の油よりも体には良いのですが、せっかくいい油を使うなら加熱に強いものを選びましょう。

おススメのオイルは、アボカドオイル・胡桃オイル・ココナッツオイルなどです。これらは熱を加えても体に良い成分にあまり変化がないので、加熱調理に向いています。

アボカドオイルはビタミンEやミネラルが豊富で一番アレルギーの少ないオイルといわれています。オレイン酸が悪玉コレステロールを下げ、動脈硬化の予防や便秘、血行促進にも役立ちます。200gで1,000~1,500円程度です。

胡桃オイルはオメガ3必須脂肪酸とビタミンEが豊富です。ダイエットや美肌、便秘解消、老化予防にも良いです。軽く炒める料理に向いています。200gで500~1,000円程度です。

ココナッツオイルは脂肪を燃焼させてエネルギーに変える力があり、ダイエットにも有効です。免疫力もアップしますし、便秘にも美肌にも良いです。酸化もしにくいので日持ちしますよ。20度以下になると固形化するのが特徴ですが、品質に問題はありません。200gで800円~1,500円程度です。

それぞれ、特有の香りが楽しめます。お好みに合わせて料理にお使いくださいね。

生姜を変える

生の生姜は体を冷やす、乾燥生姜は体を温めるという事実を知らない方、まだいらっしゃると思います。

生の生姜は殺菌効果にすぐれ、ジンゲロールという成分が体の深部の熱を手足に広げることで温かくしてくれます。ですが、深部の熱が奪われることで、体の中が冷めるとされています。

一方、乾燥生姜はジンゲロールに加え、ショウガオールが含まれていて、胃腸を刺激し血流を高め、体の中から温めます。摂取してすぐに体の表面を温め、中からも温めてくれるんですね。

紅茶やミルクに生姜パウダーを少しと蜂蜜を加え、ホット蜂蜜ジンジャーを作ってみてください。体のぽかぽか感が生の生姜とは違うことを実感できると思います。

美容に冷えは大敵です。今すぐ生の生姜から乾燥生姜に変えましょう!

風邪予防や消化不良、胃腸冷えの便秘にも効果がありますよ!

飲み水を変える

清涼飲料水ではなく、純粋なお水を摂取できていますか?また、常温のお水は美容に良いとされていますが、水道水を飲んではいませんか?水道水には塩素などの体に悪影響を及ぼす物質が約3,000種類以上も含まれています。

コップ1杯の水道水を飲むだけで、体のなかの善玉菌がいなくなり、せっかくよかった腸内環境を悪化させてしまうのです。ミネラルウォーターなどの水道水以外のものを摂取するように心がけましょう。

ちなみに、実は水道水はミネラルウォーターよりミネラルが豊富。また、水道水の品質基準(50項目)はミネラルウォーターの品質基準より厳しいです。ですので、ただ浄水器に通すだけでも、ミネラルを残しつつ体に悪影響のある成分を激減させることができます。

起き抜けのコップ1杯のお水が水道水では、寝ている間に増えた善玉菌が台無しになりますので要注意です。

食べ方を変える

食べる順番を変える

子供のころ「三角食べ」を教えてもらいましたよね。しかし、ここで実践して欲しい食べ方は、三角食べではなく火を通していないものを先に食べる方法です。

生野菜や果物を先に食べることで、それらに含まれる酵素を取り入れ、消化をサポートすることが可能です。消化を促すことは、その後入ってくる栄養素をしっかり体にいきわたらせることに繋がりますよ。

噛み方を変える

子供のころ「よく噛んで食べなさい」と教わりましたよね。咀嚼を多くすることで、炭水化物の消化を口の中で行うことができるので、体内での消化の負担が減ります。また、よく噛むと満腹感を得られるので、食べすぎを抑える効果も。

さらに、グリセミック指数(血糖値の上昇率)が上がるのを防ぐので体の糖化(シワやたるみ・老化の原因)の予防にもなりますよ。糖化はもとに戻りません。たくさん噛んで予防していきましょう!

毎日の食事で健康美人になりましょう!

いかがでしたか?

どれも手軽にできて、美容にも健康にもよい方法です。ぜひ生活の中に取り入れて、毎日の食事を美容食にしていきましょう!

(image by PresenPic)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る