生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 家庭のある人とのヒミツの恋を、幸せな結末に変えた言葉とは
恋愛のハウツー

家庭のある人とのヒミツの恋を、幸せな結末に変えた言葉とは PR

nanapiトピックス

すごく悩んでいたけど、後から考えるともっと早く決断すれば良かった、無駄な時間を過ごしたと後悔したことはありませんか?

特に失恋や片思いはあなたを成長させてくれる経験ではありますが、本当に好きな彼であれば復縁したり、一緒になりたいものですよね。結婚までのゴールインを目指すなら尚のことでしょう。

そこで、今回は彼との恋を叶えた28歳の女性に体験談をお伺いしました。

家庭のある彼との禁断の恋が実った体験談

大好きな彼には家庭が・・・

彼は会社の同部署の上司です。彼には家庭もある事を知っていながら、飲み会の後に誘われて、誘惑に負けて体の関係を持ってしまったのが始まりです。

たまに、彼が遊びだけなのか不安になり問いただすと「もう離婚を考えている」と言われますが、それから半年以上が経っています。それでも、私は好きでいつづけていました。

そんな中、彼が部署移動になり、それ以降会う事も少なくなってきました。これを機に別れようと思ったのですが、1ヶ月ぶりに彼から連絡があり、その夜はとても楽しく過ごしました。

けれど、帰り際に「もう疲れた。別れよう。」と言われ、一方的に別れを告げられたのです。

また、一緒になりたい

その後、本当に彼からの連絡が途絶え、私もこの辛い恋を忘れかけていました。しかし、彼が会社の違う女の子と楽しそうに歩いているのを見かけてしまい、どうしようもない嫉妬心と同時に、また一緒にいたい、一緒になりたいと今まで以上に激しく思うようになっていました。

ただ、彼と付き合っていたことは当然秘密だったので、他の同僚に話すこともできず、1人で悩み続けていました。

彼にメールをしても返ってこず、気が狂いそうな毎日に、仕事も手に付かず、ついに会社を辞めてしまいました。友達も心配して相談に乗ってはくれるのですが、「叶わぬ恋なんだから、諦めなよ」と、わかりきった答えしか返ってきませんでした。

友達に相談しても、慰められるだけで出口が見えない状況の中、半年ぐらい気がおかしくなりそうな日々を送っていました。その状況に終止符を打ったのは偶然、芸能人の方も利用されているという占い『シエロ』でした。

全て上手くいくと確信できた瞬間

私は自分の悩みをありのまま、先生にぶつけました。自分がどれだけ彼のことを考えてばかりいたのか、彼のことをどれだけ愛しているのか、客観的に理解が出来た瞬間です。

何度か相談した先生の言葉にはとても暖かさがあり、私を本当に導いてくれると感じることが出来ました。ある時から、私はこの人に相談をすれば全て上手くいくと確信をしていました。

先生から言われて一番心に残ったのは「周りの雑音に流される事なく、自分の思った通り生きなさい」と言われたことでした。私はその言葉の通り、彼を思い続けました。

そして、具体的にどうすればいいのか先生に相談したら、その想像もしていなかった言葉に持病だった顔面神経痛で目がピクピク止まらなかったのを今でも忘れません。

「彼はあなたの事を思って、距離を置いています。ただ、今離婚手続き中で、またあなたの元に戻ってくるでしょう」

と先生は断定的に力強く語ったのです。

春の台風と彼

それから10日後、春なのに台風の様に強い風と雨が降っていた日でした。私が仕事から帰宅すると、ビショビショになった彼が私の家の前に立っていたのです。

雨なのか涙なのかわからなかったのですが、そこには感動にガタガタと足が震え、崩れ落ちた私がいました。

そして先月、私たちは晴れて結婚しました。

密かなブーム!「当たり過ぎて怖い」占いサイト『シエロ』

この話、実はお互いに自分が正しいと思う行動をしていれば、自然と幸せになっていた事を、先生が力強く導いてくれたから実現出来ただけの話なのです。しかし、彼女が勝手な思い込みや他人の雑音で行動を起こさなかったら、幸せになれなかったのは事実です。

簡単そうに見えて、1人で考え込んでしまったり、友達などの仲が良すぎる人に相談したりしても、うまく行かないケースが実は多いようです。そんな時は客観的な第3者に相談することをおススメします。

禁断の恋を成就させた『シエロ』とは、業界関係者から口コミで広まった「当たりすぎて怖い」と密かなブームになっている占いサイトです。恋愛や仕事、人間関係、お金の悩みなどあらゆる悩みに対し、メールや電話で適格なアドバイスをくれると占いフリークの間でも評判のようです。

恋愛の悩みは、1人で悩んでいると多くの時間を費やしてしまうもの。誰かに相談することであっさりと解決することも多いのではないでしょうか。

(image by PresenPic)

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る