生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 紫外線は「防ぐ」だけで終わってませんか?夏の肌に必要なのは「回復」ケア
生活・ライフスタイル

紫外線は「防ぐ」だけで終わってませんか?夏の肌に必要なのは「回復」ケア PR

nanapiトピックス

本格的な夏に向けて、紫外線対策をしていますか?日焼け止め効果の高い化粧品を使ったり、日傘や帽子を駆使したりと、夏の紫外線ダメージは防ぐことに重点を置きがちです。

もちろん、紫外線から肌を守ることも大切ですが、ダメージを残さないための対策もとても重要。防ぐことばかりに気を取られていると、肌悩みや年齢肌を加速させることも・・・。

この夏は、肌の回復力を底上げするようなケアで、しっかり紫外線対策をしていきましょう!

意外と知らない夏に「乾燥」する原因とは?

紫外線によるダメージ

紫外線は、日焼けによって肌を黒くさせるだけでなく、肌の土台となる真皮まで届くことで、その大部分を占めている「コラーゲン」を破壊してしまいます。これにより、弱った肌の保湿力は著しく低下し、肌の生まれ変わりに必要なターンオーバーまでも乱れていくのです。

オフィスにただ座っているだけでも、窓から入ってくる紫外線ダメージは蓄積していきます。しかし、汗でベタつくこの季節は、その状況に気づきにくいのです。

エアコンによるダメージ

乾燥やターンオーバーの乱れなど肌のトラブルの原因は、紫外線の他にもあります。

オフィスやお店で否応なく使われるエアコンは、部屋の湿度を下げていくので、お肌は乾燥しやすくなっていきます。また、エアコンや扇風機の風が直接あたると肌表面の水分を奪ってしまい、ますます乾燥していきます。

しかし、汗でベタつくこの季節は、その状況に気づきにくいのです。

「乾燥」と「紫外線」の負のスパイラル

本当は乾燥しているのに、その認識もないままに簡単なスキンケアで済ませてしまっては、肌ダメージは広がる一方。

この弱ってしまった肌に、さらに紫外線ダメージが加わるとどうなるのでしょう?

加速する「シワ」「シミ」

水分不足の肌に紫外線のダメージが加わり、さらなる乾燥を引き起こす。この悪循環はやがて「シワ」「シミ」の原因に。

ごわつきやかさついた肌は、細かな「乾燥ジワ」から「深いシワ」へ、さらに、肌のターンオーバーの乱れでメラニン色素が残りやすくなり、「シミ」が増えやすくなるのです。

夏こそ徹底した保湿ケアで、肌の底力をUP!

肌ダメージを進行させないためには、まず土台を整えることが最優先です。

全てに通じる「乾燥」への確かなアプローチを

トラブルに負けない肌を支えるのは、お肌全体のうるおいです。お肌がうるおっていれば、ダメージも最小限に抑えることができます。さらには、乾燥だけじゃない肌トラブルや肌悩みまでも解決してくれるかもしれません!

ハリ・ツヤそして透明感あふれる肌を目指すなら、必要な保湿成分がたっぷり配合されたアイテムでケアを行うことが何よりおすすめです。

自らうるおう力をひきだす化粧品を…

年齢を重ねると、ターンオーバーの低下とともに、自然と血行が悪くなったり細胞が栄養不足になったりします。特に、お肌の水分量は年々減少していきます。夏の過酷な環境下ではなおさらです。

そんな年齢肌には、年齢肌のために進化をつづけているドモホルンリンクルのスキンケアがおすすめ。水分を与えるだけでなく必要な成分を与え、肌本来の力をひきだしてくれるのです。

防ぐだけでは解決できない大人の紫外線対策。いざと言う時に慌てない肌作りは、全シーズンを通してトラブル知らずの健やかさを実感できるはずです。

ドモホルンリンクルが初めての方は、無料のお試しセットから試してみてはどうでしょうか。

無料お試しセット

8点すべてを3日間分試せるセット。無料でトライできるから安心です。使い心地や、肌に合うかどうかなどを気軽にチェックしてみましょう。

30歳を過ぎた年齢肌に歴史ある漢方のチカラを。これからは肌に寄り添うケアを目指してみてはいかがでしょうか。

(image by PresenPic 1 2)
(image by ドモホルンリンクル)

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る