生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 目指すは「生活密着型プラットフォーム」!LINEが行う10の新事業戦略とは?
パソコン・ソフトウェアのハウツー

目指すは「生活密着型プラットフォーム」!LINEが行う10の新事業戦略とは?

nanapiトピックス

ユーザー自身もスタンプを作成することができるサービス「LINE Creators Market」の発表が記憶に新しいLINE。

現在、世界ユーザー数は5億6000万人を突破し、1日のチャットメッセージ量は130億回と、日々多くの人々に利用されています。

そんな目下躍進中のLINEが、10月9日に開いた同社の事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」の中で、10の新事業戦略を発表しました。

今回は、これまで「コミュニケーションツール」として規模を拡大してきたLINEが目指す、次なるステップの詳細について紹介したいと思います。

こちらの記事の情報は2014年10月14日時点のものであり、内容が変更されている場合があります。

LINEのサービスについて(ライフスタイル編)

1:LINE Maps for Indoor

「LINE Maps for Indoor」は、ショッピングモールなどの商業施設に特化したナビゲーションアプリ。

対応する施設内でアプリを起動し、行きたい店を指定すると、現在地から目的地までの最適なルートを地図で案内してくれます。店舗の営業時間や電話番号などの情報も知ることができます。

現在、渋谷ヒカリエや東京ミッドタウンなど東京近郊の約40施設の屋内地図が利用可能です。

導入は2014年秋から、Android版で提供されます。

2:LINE Pay

「LINE Pay」は、提携している店舗、ウェブサービス、各種LINEサービスでの決済をLINEアプリ上で行うことができるサービス。

クレジットカード、銀行口座などを登録すれば、決済時にいちいち個人情報を入力しなくても決済ができるようになります。

また、LINEの友人間で、決済した商品やサービスの購入費用を「割り勘」にできたり、相手の銀行口座を知らなくてもLINE Pay口座宛へ送金できたりします。

サービス開始時の対応は日本国内のみですが、最終的には世界中で対応できる形を目指しているようです。

懸念されるセキュリティ面については、

  • LINEとは別の2段階認証のパスワード設定
  • iPhone 5s以降に搭載されたTouch IDを使用した指紋認証
  • PC側でLINE Payを利用した場合、個人のスマートフォン側で認証するまでは決済されない仕組み

などを行うことで、安全にサービスを利用できる体制を固めるとのこと。

導入は2014年冬からです。

3:LINE TAXI

「LINE TAXI」は、日本交通株式会社との提携により、「LINE TAXI」専用公式アカウントから、いつでもどこでもタクシーを呼ぶことができるタクシー配車サービス。

LINE経由でタクシーを呼ぶことができ、地図機能と連動して近くに居るタクシーを確認することができます。

また、タクシーの支払いは「LINE Pay」を利用できるため、タクシー探しから乗車、支払いまでをLINEサービス内で行うことができます。

導入は2014年冬から、東京都内限定の先行リリースとなります。日本交通が保有する約3,300台の車両が対象です。

4:LINE WOW

「LINE WOW」は、LINE Payで支払うことができる食品デリバリーサービス。

第一弾は「おざき(和食・麻布十番)」や「ア・ニュ(フレンチ・広尾)」などの、ミシュラン一つ星レストランの限定プレミアムランチのデリバリーサービスを提供します。

LINEのサービスを使って、世界的名店のランチがデリバリーできるなんて…!将来的には、食品に限らず、様々な分野でのデリバリーサービスを展開していくようです。

導入は2014年秋から、東京都渋谷区のみで配達を開始します。今後、対象のメニュー・店舗・エリア・配達時間などを順次拡大する予定とのこと。

LINEのサービスについて(エンタメ・ビジネス編)

5:LINE@ ID・LINE@アプリ

「LINE@ ID」は、すべてのLINEユーザーが持つことのできるもう1つのLINEアカウント。

家族や親しい友人・同僚とのプライベートなコミュニケーションを行う従来のLINEアカウントとは別に、様々なユーザーや顧客と広くコミュニケーションを取ることができるアカウントを利用することができます。

なお、このアカウントは、法人・個人を問わず誰でも取得することができ、複数のアカウントを所有することができます。

ユーザーは、専用のLINE@アプリ(iPhone・Android対応予定)から「LINE@ アカウント」を取得後、当該アプリを通じて様々な情報を発信することができます。

導入は年内を予定しており、提供内容の詳細はサービス開始時に公開予定。

6:LINE GAME

これまで、LINEのゲーム配信プラットフォームとして、「LINE POP」や「ディズニーツムツム」など操作が簡単なゲームを中心に展開してきた「LINE GAME」。

今回の戦略では新たに、シミュレーションRPGなどのジャンルを増やすことで、より多様性のあるラインアップを揃えていくことを発表しました。

具体的には、

  • LINE POPの第2弾「LINE POP2」
  • パズルゲームの「LINE トリオ」
  • シュミレーションRPGの「LINE 英雄の軍団」
  • シュミレーションRPGの「LINE アルビオン戦記」

などを公開する予定です。

また、LINE GAMEのグローバル展開でのコンテンツ開発のために、株式会社サイバーエージェント及びグリー株式会社と、それぞれ共同出資による新会社を設立。LINE GAME専用のコンテンツ制作に着手します。

導入は2014年秋からです。

7:LINE公式ブログ

「LINE公式ブログ」は、アーティストやタレント、スポーツ選手などの著名人が参加できるブログサービス。

LINE MALLやLINE PLAYなど、今まで利用されてきたLINEの周辺サービスと連携するだけでなく、LINE MALL内に「Artist Stores」を開設することで、情報発信やプロモーション、物品販売などを行うことができます。

導入は2014年11月4日からです。

8:LINE有料公式アカウント

「LINE有料公式アカウント」は、アーティストやタレント、スポーツ選手などの著名人が公式アカウントの購読者を対象に、有料で限定情報配信を行えるサービス。

よりコアなファンなどに向けたコンテンツなど、ファンクラブとして活用することができます。

導入は年内からです。

9:LINE MUSIC

「LINE MUSIC」は、従来の音楽配信サービスとは異なったサブスクリプション型の音楽ストリーミングサービス。

サブスクリプション型とは、一曲につき「○○○円」という方式ではなく、一定期間に定額でいくらでも楽曲を購入できる販売方式のことです。

このサービスを展開するにあたって、エイベックス・デジタル株式会社、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、とLINE株式会社は、3社共同出資の新会社「LINE MUSIC株式会社(仮称)」を立ち上げることを発表しました。

今後、2014年内にさらなる展開を行う予定とのこと。

10:LINE ビジネスコネクト パートナープログラム

「LINEビジネスコネクト」は、LINEのメッセージ送受信機能を企業向けにAPI経由で提供し、各企業のCRM基盤としてLINEを活用できるサービス。

各企業の持つデータベースとLINEが提供するシステムとユーザーのLINEアカウントを連携することで、ユーザーごとに異なるメッセージを配信することができます。

従来のメールマガジンに代わる、新たなWebマーケティングとして注目されています。

「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」は、「LINE ビジネスコネクト」に対応したソリューションを提供する企業を公式パートナーとして、

  • 利用企業の開発負担の軽減
  • 実施のスピード化

を図り、「LINE ビジネスコネクト」導入を促進する取り組みを行います。

第一弾は「Salesforce」「NTTデータ」など9社を認定。LINEからも積極的に開発・営業の支援を行います。

「生活密着型サービス」として変容したLINE

これまでのLINEは「コミュニケーションアプリ」として多くの人々に利用されてきました。

しかし、今回の新サービスの発表によって、同社は「コミュニケーションプラットフォーム」から「ライフスタイルプラットフォーム」へとその規模を拡大しました。

人々の生活全般に深く関わる存在になりつつあるLINEの今後の進展に期待です。

(written by nanapi編集部)

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る