1. PICK UP
    2. もはやポイントは資産としてみなして、真面目に運用しよう!

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    もはやポイントは資産としてみなして、真面目に運用しよう!

    nanapi

    こんにちは、nanapiの「けんすう」こと古川と申します。

    お店などでもらえるポイントをせっせと貯めているという人は多いと思います。今や、楽天からTポイント、PONTAカードなど、様々なポイントサービスがあり、買い物するたびに溜まっていきます。

    しかし、ポイントはあくまで「おまけ」として運用している人が多いのではないでしょうか。紙の家計簿だったり、スマホでの家計簿アプリなどで、せっせと家計をチェックしている人でも、意外とポイントを除外して考えていたりすることが多いと思います。

    ポイントは「資産」という考え方

    しかし、ポイントも立派な資産です。ポイントをきちんと資産としてみなして、節約することで、お金のたまり方が変わってくるのです。

    そこで、ポイントを資産として向き合う方法を紹介します。

    ポイントをとにかく把握することから始めよう!

    まずは、ポイントとのつきあいかたです。節約好きな人とか、お金が気になる人は、ポイントをよく気にしているのですが、実際に「いくら溜まっているか」をすべて把握している人は多くありません。

    最近の家計簿アプリなどを使うと、ポイントも資産として見ることができます。

    たとえば、上記はマネーフォワードの画面ですが、このように、ポイントをすぐに確認できるのです。この機能を使うと、すべての資産の中にポイントも含まれるので、把握しやすいですね。

    ポイントの貯め方

    ポイントの貯め方もいろいろあります。いくつか紹介します。

    使えるところが多いポイントにしておく

    まず、「ポイントをどこで貯めるのか?」という問題があります。状況に応じて使い分けるほうがいいといえばいいのですが、手間が増えてしまっては面倒なことになるので、なるべくシンプルにしておきたいところです。

    たとえば、人気の楽天カードの場合は、楽天ポイントがたまります。楽天ポイントは楽天市場で使えるポイントです。楽天市場には非常に多くの商品があるので、支出を減らすのに助かるのですね。年会費も無料のため、人気が高いカードです。

    ポイントがたまりやすい時期を狙う

    ポイントというのは、事業者が会員数や購入率を増やすために、様々なキャンペーンを使ったりします。たとえば、最近のYahoo!JAPANのショッピングは、ECコマース革命と銘打って、とにかく攻めの姿勢なので、ポイントの付与の勢いがかなり高いです。

    たとえば、Yahoo!のプレミアム会員になると、5倍になるキャンペーンをやっていたりします。1万円のものを買うと500円ポイントになり、しかも効果が永遠に続くので、非常にお得だったりします。ポイントはTポイントになるので、汎用性も高いわけですね。

    楽天も、楽天カードを使って楽天で買い物をする、またはポイントが10倍の時に使う、誕生日月のときに、生活必需品を買いだめしておく、などの手段があります。楽天にはポイントアップ市場というページがあるので、そちらをチェックして、ポイントアップが多いところの店で買うというのもよいでしょう。

    ポイントがたまる店を知っておく

    インターネットだけではなく、ポイントがたまりやすい店というのもあります。たとえば、楽天の場合は、楽天ダイニングというサービスがあり、ここの店を使うとポイントが2倍になったりします。

    以下の記事に、いろいろと紹介されていますが、楽天カードを使って払うと2倍になるというのは、嬉しいところです。大勢で飲み会をするときなどに、幹事を引き受ければポイントが溜まりやすくてお得です(すごいケチな人だと思われるかもしれませんが、そこはまあ・・・)。

    REXカードという選択

    REXカードというものがあります。これはポイント還元率が1.75%もあり、通常のカードの還元率の中では、かなり高いといわれています。

    そして、REXカードだと、Jデポというポイントに交換して、決済金額から現金値引きするサービスもあります。非常に効率がいいわけです。

    このカードはそういったロスがあるのか?と気になりましたがJデポというポイントに交換して翌月の決済金額から現金値引きして貰えるようです。
    (引用:クレジットカード決済を年間50万円以上利用しているならポイント高還元率のREXカードが良さそう!なので申し込みしました! - 日なたと木陰より)

    しかし、2年目以降は年会費がかかるので、年間50万円以上をクレジットカードで使う人でないとお得ではない、また限度額が低い(40万か60万から選び、最大でも200万)というのがあるので、使いづらい人もいるかもしれません。

    ポイントの使い方

    ではポイントを貯めたら、いつ使うのか?というのも重要です。

    多いのは、ポイントはギリギリまで貯めて、一気に大きな買い物をするというパターンの人です。これは、なんとなく直感的にお得な感じがするので好む人が多いのですが、実はあまり賢い方法とはいえません。

    というのも、ポイントというのは、言ってしまえば「企業にお金を貸している」状態とも言えます。利子がつくわけでもないので、基本的には、すぐに現金化して戻してもらうというのが合理的。ポイントを貯めるのは実は得なことはないので、ポイントが少しでもあれば、一発で全部使い切るのが一番です。

    ポイントが1万溜まっていたとしたら、その1万円で必要なものを買い、現金を1万円確保したほうがいいわけです。キャッシュのほうがポイントよりも価値が高いわけなので、当たり前ですね。

    ポイントを特別扱いすると、ためたくなってしまうもの。ですが、家計簿アプリを使ってみて資産としてみなされていれば、「単なる使い道が狭い資産」にすぎないとわかります。「使えるところでは先に使おう!」という感じにするほうがいいと思います。

    ポイントをきちんとお得に使っていこう!

    というわけで、ポイントを資産として向き合って、きちんとお得に使うための方法を紹介しました。ポイントは、「なんとなくお得なもの・お店がくれてラッキー!」というのも楽しいですが、一つの資産として向き合うと、もっとお得になるかもしれません!

    カンタン便利な「自動家計簿アプリ」が人気!

    ポイントも資産としてみなしたい人は、マネーフォワードの家計簿アプリがおすすめです。非常に人気のあるジャンルなので、一度お試ししてみるといいかもしれません。手放せなくなります。

    (image by PresenPic1 2 3)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    nanapi編集部