1. PICK UP
    2. なんでダメなの?公職選挙法違反で話題の「うちわ」について調べてみた

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    なんでダメなの?公職選挙法違反で話題の「うちわ」について調べてみた

    nanapi

    2014年10月7日、民主党の蓮舫議員が、法務大臣の松島みどり議員に対して、地元の選挙区でのイベントなどで「うちわ」を配っていたことを公職選挙法違反だとして指摘したことが話題になっています。

    連日報道されているこの松島みどり議員のうちわ騒動により、政治家の「うちわ」について様々な意見が飛び交っています。なんとヤフオクなどのオークションサイトでは、うちわの価値が急騰しているとか。

    ここでは、うちわを配るのってなぜダメなの?ほかの人も配っているのでは?などの疑問にお答えしつつ、議員のうちわ配布についてご説明します。

    そもそも、うちわを配ってはいけない理由とは?

    今回指摘されたのは、うちわを有権者に配ることが公職選挙法の「寄付の禁止」にあたるという内容です。政治家は、有権者と金銭や品物によって関係を結んではいけないので、うちわを宣伝物として配っている松島みどり議員は公選法に違反しているのではないか、と批判されたのです。

    たしかに、金銭等で有権者を買収することができたらば、選挙はお金持ちの人が必ず勝つという図式ができあがってしまい、政治が腐敗してしまうでしょう。

    今回の場合は、うちわという安価なものなのでそこまで問題にならないのではないか?というような疑問もあります。しかし、安く買えるものであっても、物品を無償で与える行為は寄付に該当するため、厳しく追求されたようです。

    オークションで売られている!政治家のうちわ

    騒動で話題になったこともあり、松島議員を始めとした政治家のうちわがオークションに出品され、話題を集めています。

    松島みどり議員のうちわ

    まずは問題の松島みどり議員のうちわを見ていきたいと思います。

    このうちわは2013年のもので、問題になったうちわではなかったようなのでそこまで値段が高くはないようです。それでは、次に今回問題になったうちわを見てみましょう。

    今回問題になったのはこちらの「2014年秋・法務大臣ver」のうちわです。こちらをオークションで見てみると、

    ヤフオクでは、1万円の値段が付いていました。こちらはまだ入札はありません。

    参考:ヤフオク!

    これまでには、なんと¥16,500で落札されたうちわも。落札した人に、このうちわの使い道について質問してみたいです。

    参考:ヤフオク!

    蓮舫議員のうちわ

    蓮舫議員のうちわは、松島みどり議員のうちわが指摘された後にTwitterなどで話題になりました。というのも、蓮舫議員自身もうちわを有権者に配っていたからです。松島みどり議員を批判したことで、自分自身の選挙活動も批判の対象になるのではないかと言われたのです。

    しかし、このような批判は見当はずれのものでした。

    上記画像の丸をつけた部分をご覧ください。これは選挙管理委員会が配布を承認をしたというお墨付きのシールです。

    つまり、蓮舫議員のうちわは国が認めたうちわであるため、公職選挙法の「寄付の禁止」には該当しないのです。

    こちらの写真のうちわもよく見ると、シールが貼ってあることが分かるかと思います。

    オークションを見てみると、やはり違反うちわではないということもあって、そこまで値段が高騰していないようでした。

    参考:ヤフオク!

    その他の議員のうちわ

    その他にも、うちわを配布している政治家はたくさん。ヤフオクでも多く出品されていました。

    参考:aucfan

    かなりの高額で落札されているものも見受けられますね。承認シールが貼ってあるところが見えるように写真が撮影されているものも。

    おわりに

    うちわのような安価なものでも、うっかり手続きをし忘れてしまうと、公選法違反になってしまうことも。みなさんも選挙の際に配布する品物に関しては細心の注意を払ってみてくださいね!

    (image by PresenPic)

    このライフレシピを書いた人
    nanapi編集部