生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 麦の力で9キロ減?2か月ですっきりキレイになる方法
美容・ビューティ

麦の力で9キロ減?2か月ですっきりキレイになる方法 PR

nanapiトピックス

年の初めはおいしい食べ物に楽しいイベントにと、ついついカロリーオーバーしがちです。しかもお正月休みもあってのんびりすることが多く、体重は増えるばかり……。

「コート着るから、多少太っても大丈夫でしょ!」と油断していると、春物のファッションに袖を通すときに「こんなはずでは」と愕然とする羽目に。ぽっちゃり女性もかわいいですが、昨シーズンの洋服が着られなくなってしまうのは、女性としては悲しいところですよね。

かといって過度なダイエットは体に負担をかけてしまい、長続きしないもの。体にも心にも優しいダイエットで、効率よく体重を落とすのが理想的ですよね。

そこで、健康的に食べながらすっきり体重コントロールもできる「低GIダイエット」を試してみませんか?

脂肪を貯まりにくくする、低GIダイエット

有名モデルが実践したことで話題にもなったのが「低GIダイエット」。GIとは食後の血糖値の上昇を数値化したものです。なぜ、血糖値の上昇率が低い方がダイエットにいいのかというと、血糖値と連携している「インシュリン」というホルモンがカギになります。

血糖値とは、体を動かすエネルギーであるブドウ糖の血中濃度のこと。これをコントロールするのがインシュリンで、いわば「体に脂肪を蓄えるホルモン」と言えます。

脂肪吸収を抑える食品を食べるダイエット

血糖値が急激に上がるとインシュリンがたくさん分泌されて、脂肪を貯めやすくなってしまいます。つまり、GI値の低いものは血糖値が上がりにくいため、糖質を体に運ぶインシュリンの分泌が抑えられ、脂肪が貯まりにくくなるということ。

低GIの食品を食前に食べたり、通常食と一緒に食べることでも血糖値の上昇が抑えられるため、「普段の食事を変えずに食べながら痩せる」ことに期待が持てることがわかりますね!

GI値は、炭水化物が分解されて糖質として吸収される度合い(速度)を表しています。カロリー(熱量)とは別物なので気を付けましょう。

低GI食品は手間がかかる

さらに低GI食品は、食物繊維が豊富に含まれているため、下記のような利点もあります。

  • 空腹になりにくい
  • 便秘が解消される
  • よく噛んで食べるようになる

しかし、同時に「美味しくないものが多い」「食べるのが手間」という難点も。例えば、GI値の高い食品として、主食の「ご飯」と「パン」が挙げられます。これを、GI値の低い「玄米」に切り替えたり、高GI・低GIの食品を覚えてダイエットメニューを考えなければなりません。

体にいいとわかっていても、食べたいものがあったり、知識や手間を考えると、なかなかチャレンジしにくいもの。

そこで、ご紹介したいのがダイエットサポート食品『えん麦のちから』。いつもの食事に手軽に取り入れられるから、気軽に低GIダイエットに挑戦できるんです。

GI値が70以上を高GI、56~69を中GI、55以下を低GIとしています。

『えん麦のちから』で低GIダイエットをもっとカンタンに!

低GI食品「えん麦」がダイエットをサポート

『えん麦のちから』の原料である「えん麦(オーツ麦)」は、海外ではオートミールやグラノーラとして親しまれている穀物です。GI値が50と、低GI値食品に属しており、『えん麦のちから』の摂取実験では食後の血糖の上昇抑制効果と、インスリンの分泌量の抑制効果が確認されました。また、えん麦は穀物の中でも食物繊維の量がトップクラス。コレステロールの低減にも役立つので、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の予防効果も期待できる健康食品なのです。

えん麦のちから』は、えん麦を独自の製法で素材の成分や風味を残したまま、有効成分を高濃度に圧縮して食べやすい粉末状に加工したダイエットサポート食品。標高1,000~2,000mの高地の涼しい環境で無農薬栽培された、健康成分の含有量が多いえん麦だけを厳選して使っています。

その品質は、米国食品医薬品局(FDA)で最高Aランクの評価を受けているんですよ!

食物繊維が玄米の9倍!

えん麦のちから』なら2袋で日本人に1日に必要とされる食物繊維の約3分の1を摂取することができます。もしこれと同じ量の食物繊維を玄米で摂ろうとすると、なんと9倍もの量を食べないといけないそう。(※参考:日本人の食事摂取基準 2010年版 目標量 女性成人)

また、水溶性と不溶性の食物繊維が1:2のベストバランスで含まれていることも大きな特徴です。水溶性食物繊維は善玉菌を増やし腸内環境を整え、不溶性食物繊維は腸のぜん動運動を活発にし便通を促進すると言われています。どちらもダイエットには欠かせない栄養素ですね。

β-グルカン効果で腹もちも◎

えん麦の主な栄養成分であるβ-グルカンは、水に溶けると約8倍に膨張。温度の高いお腹の中ではさらに体積を増し、長時間留まります。そのため空腹感を感じにくくなり、食欲を抑えることができるのです。

さらに、摂りすぎてしまった余分な食べ物の消化・吸収を穏やかにしてくれる効果もあるとか。『えん麦のちから』は、粉末状のβ-グルカンを高濃度に圧縮し、口当たり滑らかでおいしい仕上がりになっています。

いつもの料理に混ぜるだけでヘルシーに

クセがないからいろいろな食品と組み合わせやすい

いくらダイエットに効くと言っても、単品でしか摂取できないものや、主張の強い味のものだとなかなか長続きしないですよね。『えん麦のちから』はマイルドな味でクセもないので、どんな食べ物とも相性がよく、邪魔をしません。しかも1袋たった44kcalしかないので、カロリーが気になる人もうれしいですね。

スイーツに振りかけても麦の香ばしさがいいアクセントになり、ワンランク上の味わいになるんです。忙しい朝には、スープ+『えん麦のちから』のオシャレなレシピなどはいかがでしょうか。

置き換えダイエットにも

えん麦のちから』はきな粉のような形状で、飲み物に混ぜるととろっとした口当たりになるので、飲んだ後の満足感や腹もちの良さがより実感しやすくなります。1食置き換えの集中ダイエットにもぴったりです!
定番の牛乳や豆乳はもちろん、ほうじ茶やコーヒーとの相性もバッチリで、フルーツと組み合わせてスムージにしてもおいしく飲むことができます。また、お味噌汁などの料理とも合うので、幅広いレシピで手軽に低GIダイエットを実践することができるんです。

『えん麦のちから』 ご愛用者の声

  • 飲んで1週間で、最初に実感したのがお通じです。3~5日は平気でなかったのが毎日に改善。しかも、量が今までにないくらい増えたのはおどろきでした。また、お腹がすきづらくなったので、ダイエットのサポート食としても良かったと思います。夫がコレステロール値が高いので、毎日の食事にとり入れ、家族で健康を目指しています!

  • 産後のぽっこりおなかがどうしても嫌でダイエットを決意!最初の2週間は半信半疑だったものの、3週目あたりから体重が減少し始め、特に下っ腹が顕著に平らになりだしました。我が家は朝食時に牛乳に「えん麦のちから」を混ぜて飲むだけです。結婚後20キロ増だった夫が2ヵ月で9キロ減に成功、私も4キロ減で「継続は力なり」を実感しています。

  • 現在1年程愛用していますが、ダイエットを無理なく成功させ肌トラブルに悩まされていたお肌も今では吹き出物の気配すら感じなくなりました。

どの人も手軽に『えん麦のちから』を使って、確実な成果を上げているようです。即効ではなくしばらく飲み続けることで結果が出る『えん麦のちから』は、体に優しいのにしっかり期待に応えてくれる、ダイエットの心強い味方です。

今だけ!数量限定お試しキャンペーン

えんばく生活では、通常だと1,800円する『えん麦のちから』の10日間お試しセットが、今だけ半額以下の500円で試せる「数量限定お試しキャンペーン」を実施しています。

お試しセットと言ってもしっかり10袋入っているので、これはかなりお得ですね!また、定期コースに申し込むと『えん麦のちから』を使ったレシピ集がもらえます。

ぜひこの機会に『えん麦のちから』にトライして、すっきり若々しい体を手に入れましょう!

(image by PresenPic)
(image by 写真AC)
(image by 『えん麦のちから』)

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る