生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ミニマリストとは?生活のすべてを自分のコントロール下におこう
生活・ライフスタイル

ミニマリストとは?生活のすべてを自分のコントロール下におこう PR

nanapiトピックス

こんにちは、nanapiの「けんすう」こと古川ともうします。

「ミニマリスト」という言葉が少し前から流行しています。これは何でしょうか?

まずミニマリストとは、直訳かつ辞書的なイメージでは、「最小限主義者」のことを指します。インターネット上の一般的な使われ方としては、「必要最低限のことだけをやる / 所有する / 考える / などをして暮らす人」というのが近いでしょうか。

特に、最近では、この言葉が使われるときは、

  • 最小限のものだけを所有する人のこと

を指すことが多くあります。しかし、これだけではミニマリストという言葉の本質を指しているとはいえません。

ミニマリストとは

ミニマリストの本質は?

ミニマリストの本質としては、そもそも「ものを減らすこと」ではありません。ものを整理して、自分のコントロール下において、物事を把握できるようになること、なのです。

ミニマリストの有名人としては、たとえば、オバマ大統領などがあげられます。オバマ大統領は、スーツの色は、グレーか青がほとんどであり、何を着るか決める時間を他に使っているとのことです。

毎日、服を決めるという意思決定をするくらいなら、その時間を他の重要なことに使ったほうがいい、ということです。

ほとんど同じ服を着ていた、Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏や、Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏なども同様の暮らし方をしており、意思決定の量が膨大な政治家や、経営者にとっては一つのスタイルとして確立されていると言えます。

ミニマリストは節約できる?

ミニマリストのメリットは何でしょうか?

まず、上記にあげたような「物事や状況がシンプルになり、負担が減る」というのが一番にあります。極端な話、服が数着しかなければ、迷う時間は減るわけです。また、部屋にあるものがすべて把握できていれば、脳への負担が減るため、ストレスがたまりにくいという面もあります。

副次的な効果としては、節約ができるというのもあります。単純に、無駄なものを買わなくなるからです。必要かどうか?を吟味するようになるので、買い物をむやみにすることがなくなります。部屋も広くなくてもよくなるので、家賃が浮く、などもありますね。

ミニマリストになるためには

そんなミニマリストですが、やってみたいと思ったときに、どうすればよいでしょうか?

ミニマリストになるには、こうしたほうがいい、という決まったやり方は存在しません。というのも、自分が豊かになるレベルに、必要最小限のものだけを選択すればいいからです。

とはいえ、まずその段階までいくのが大変です。そこで、以下のステップをオススメいたします。

STEP1:とにかくものを把握する

まず、とにかく、なるべくすべてのものを把握するというのが大事です。

部屋にあるものをすべて把握しているか?といわれると、そうでもない人が多いでしょう。まずそれを把握していくのが大事です。

これはいっぺんに全部やるのは大変ですので、机の引き出しを一段づつ処理していく、といったように、少しずつやりましょう。

明らかにいらないものはこのフェーズで捨ててしまってもいいですが、「整理していこう」などを考えると、とても時間がかかってしまい終わらなくなるので、この段階では基本的には「把握する」ということに集中するほうがいいと思います。

STEP2:もの以外も把握する

次は、もの以外です。把握しておきたいのは

  • 今あるタスクは何か?
  • 今おきていることは何か?

です。

タスクに関しては、GTDという手法があります。

成し遂げるためのビジネスハック!GTDタスク管理入門

【nanapi】 いざタスク管理をしようとしても、スケジュールを詰め込み過ぎたり、優先順位の付け方を間違えてしまったり・・・なんて人も多いのではないでしょうか。そこで今回、ブロガーで東京ライフハック研究会主宰の北真也さんに、やり方を知れば誰でもできるタスク管理の方法を教えてもらいました!タスク管...

nanapi.com

また、今おきていることを把握しておくのも大事です。メールやメッセンジャーの未読があれば、まずすべて読み、タスクリストに入れてしまいましょう。頭の中ではなくて、リストの中にあるという状態にしておくのがとても大事です。

また、自分の収支も把握しておくことが必要です。知らず知らずのうちにお金を使っているというのは、お金というものが、自分のコントロール下にないということなので、ストレスの大きな原因となります。

たとえば、マネーフォワードを使うとクレジットカードや銀行での情報を自動的に取得してきてくれ、お金の使い道などが自動的にカテゴリ分けされます。これを使うと、収支を自動的に把握できるようになります。

STEP3:分別する

ここまでで、自分の生活の全体像をなんとなく把握したら、今度は、分別していくという作業です。ここでは、ものをどんどんと分別していき、捨てていくフェーズですが、その時の判断軸としては

  • 今、必要か?(1ヶ月以内に使う予定があるか?)
  • 持っていてテンションがあがるか?

などで捨てていくのがよいでしょう。いつか使うだろう・・・だったり「テンションあがらないけど、使えるな」というものは捨ててしまうのがオススメです。たとえば、1年間着ていない服などは着たとしてもあと数回でしょうから、すぐに捨ててしまったほうがすっきりします。

ちなみに、「迷ったら捨てる」というアドバイスをしている本なども多いですが、僕もそれをオススメしています。ただし、最初からそれをしようとすると、逆に立ち止まってしまう人も多いので、自分のできる範囲からやっていくという形でもいいと思います。

STEP4:選択フェーズ

STEP3でいろいろ捨ててくると、かなり気分がすっきりするのを感じると思います。シンプルになり、すべてがコントロール下にあることを気持ちよく感じたらこっちのものです。

しかし、ここでまたいろいろ買ってしまってはすぐにコントロールからはずれてしまいます。そこで、これから購入するものの判別基準を、自分で決めるという作業をしてみましょう。

たとえば

  • スマホは最新のものを買うけど、タブレットは基本的に壊れるまで買わない
  • 買うものの色はブラックかホワイトにする
  • 爪切りやハサミなどの日用品は、適当なものを買わずに徹底的に吟味して上質なものを買う

などです。要は、自分が把握できないものを買わなければいいのですが、買うときのルールがないと、適当なものを買ってしまうので、そのリスクを減らすというイメージですね。

ミニマリストを楽しむ

このようなステップを踏むと、「ミニマリスト」というものがもたらす良い効果を感じることができると思います。

繰り返しになりますが、「ミニマリストはものを減らすことではなくて、自分の人生を把握してコントロールすることが本質」なのです。把握できていないものはストレスが大きいので、とにかくそれをなくすのが、自分の人生をすっきりさせて、人生を豊かにしてくれるのではないでしょうか。

(image by PresenPic1 2 3 4 5)

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る