1. PICK UP
    2. 表面だけではない、「この人デキる…!」と見られる大人の作法を身につけよう

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    表面だけではない、「この人デキる…!」と見られる大人の作法を身につけよう

    nanapi

    【PR】ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

    これからの時期、バレンタインや卒業、就職、新生活…と、仕事にプライベートにイベントが盛り沢山!ちょっとでも「デキる大人感」を演出したいところですよね。

    髪型OK、服装OK、ばっちり!でも待って、大事なこと忘れてませんか? 大事なのは大人の作法なんです!

    表面だけ取り繕っても、いざというときにボロが出てしまう可能性は大きいもの。失敗できないイベントを成功させるためには、日頃から「デキる大人の作法」を身につけておくことが必要です。

    ちょっとした努力が、いずれ大きな差になってくるもの。では、「大人の作法」を身につけるために意識しておきたい毎日の習慣ってどんなものなのでしょうか?

    デキる大人の作法が身につく、毎日の習慣とは?

    1:姿勢をチェック!

    デキる大人は、姿勢もいいもの。座っているときも立っているときも、だらーんとせず、胸を張ってシャンとした姿勢でいることが大切です。

    もちろん、猫背やガニ股などは言うまでもなくNG。その他、口が開いてしまう、すぐに足を組んでしまう、手をポケットに入れてしまうなどの悪習慣は、今のうちにすっぱりやめてしまいましょう!

    体のバランスを整えて、スッとした姿勢を手に入れるには、歪みを矯正する必要があります。いつも右手でばかり重い荷物を持っているな…いつも右の歯で食べているな…など、心当たりがあれば、意識して左右均等に使うようにするだけでも、正しいバランスを保てるようになりますよ。

    2:言葉遣いをチェック!

    素敵な大人は、言葉遣いも素敵です。アナタの敬語は、正しい敬語ですか?

    • 「とんでもございません」
    • 「○○になります」

    などの、使いがちな間違い敬語は、正しい敬語に直しちゃいましょう!

    • 「とんでもないことです」
    • 「○○でございます」

    が正解ですよ。

    また、カジュアルな間柄の相手であっても、つい粗雑な言葉遣いが出ないよう気をつけましょう。「やべー」「まじ」など、フランクすぎる言葉遣いは、悪印象を与えます。

    3:口臭をチェック!

    最近では「スメハラ」という言葉もよく聞かれます。ニオイが相手に与える影響は計り知れないということ。中でも口臭は、自分では自覚しにくいものだからこそ、徹底的にケアしておきたいですよね。

    歯磨きだけで十分にケアできているのか心配なら、薬用マウスウォッシュなども使用して、いつも清潔なお口を心がけましょう。

    オーラルケアを日頃からしっかり行うことで、「爽やかな息」「健康な歯」を手に入れることができます。毎日の積み重ねを大切にしたいですね!

    4:食べ方をチェック!

    食事のマナー、意外に守れていないのでは?大人になると様々な食事の場面に出くわしますが、お店や同行者にあわせてしっかり不快感のない振る舞いをしたいものです。

    たとえば立食パーティー。ついついお皿にたくさん食事を盛りすぎてはいませんか?それでは、あまりにも子どもっぽいですよね。お皿にきれいに盛りつけられる量を意識しましょう。

    フレンチのフルコースや割烹でのマナーは、覚えておいて損はありません。また、ただの居酒屋であっても、良識ある振る舞いを心がけるのが大人というものです。渡し箸や迷い箸などのお箸マナーも再確認しておきましょう。

    5:大人のマナーをトータルチェック!

    ほかにも、このようなことに気をつけましょう!

    • 会話中はスマホをいじらない
    • お酒は飲んでも泥酔はしない
    • 爪やヒゲはいつも清潔にしておく
    • 洋服の毛玉やシワは常にケアしておく
    • 貧乏ゆすりはしない・・・など

    いつも落ち着きがない人や、余裕がない人は、どうしても大人の品格を手に入れられないもの。一度立ち止まってゆっくり考えたり、細やかなところまで目を行き届かせる時間をとったりして、ゆったりと構えることが、デキる大人への第一歩です。

    まずはここから!口臭ケアには「リステリン®」

    ※リステリンCM(洗口液)

    努力で手に入れられそうな大人の作法を中心にご紹介しました!普段からちょっと意識するだけで、まわりと差をつけられるかもしれませんね。

    でも、すぐに効果を出すのは難しいもの。それなら、まずは簡単に口臭ケアから始めてみませんか?

    薬用マウスウォッシュでオーラルケア

    歯ブラシが届くのは、なんと口内の表面積の約25%なのだそう!(出典:Kerr W.J.S. and D.A.M. Geddes. The areas of various surfaces in the human mouth from nine years to adulthood.J. Dent. Res. 1991.70 (12))

    徹底的に口臭をケアしたいなら、いつもの歯磨きに薬用マウスウォッシュをプラスしてみてはいかがでしょうか?

    薬用マウスウォッシュなら、売り上げ世界NO.1のマウスウォッシュブランド、リステリン®がおすすめ(※ユーロモニター調べ 2014年 総売り上げ金額)。独自の有効成分により歯垢などのバイオフィルムに浸透・殺菌し、口臭や歯垢・歯肉炎を予防してくれます。

    しかもリステリン®は、なんと世界初の薬用マウスウォッシュとして発売されてから120年以上の歴史があるんです!

    リステリン®の使い方

    リステリン®(洗口液)を使うときのポイントは3つ。

    • 1:歯磨きが終わったら、リステリン®を適量口に含み、30秒ほどすすいでから吐き出します。
    • 2:使う量は1回につき約20ml。1000mlボトルの場合はキャップ半分、500ml用ではキャップ8分目、250ml用ではキャップ1杯半、100mlではキャップ4杯です。
    • 3:毎回の歯磨きごとに使用するのが理想的ですが、1日2回朝晩の使用でもOKです。
    刺激が強い!という人は、たくさんのラインナップがあるので低刺激のノンアルコールタイプのものを選ぶのがおすすめ。

    トータルオーラルケア習慣を取り入れよう

    口臭対策には、お口の中を清潔に保つことが重要。健康な歯やお口は、さわやかな笑顔を作ってくれますよね!

    毎日の歯磨きに薬用マウスウォッシュを1アイテム足すことで、まわりに差をつけられる大人を目指してみませんか?

    (image by PIXTA)
    (image by 写真AC1 2)
    (image by PAKUTASO1 2 3)
    (image by PresenPic)
    (image by Johnson & Johnson)

    薬用リステリン® 公式HP:http://www.listerine-jp.com/

    このライフレシピを書いた人
    nanapi編集部