生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. デートにも女子会にも1人散歩にも、自由が丘の「ポテトクリーム」が超オススメ!
趣味・娯楽のハウツー

デートにも女子会にも1人散歩にも、自由が丘の「ポテトクリーム」が超オススメ!

nanapiトピックス

週末に訪れる人も多いおしゃれタウン、自由が丘。そのなかでも最も注目を集めるスポットのうちの一つが、「ポテトクリーム(Potato Cream)」です。まるでクリームかのようにとろっとろに仕立てられたマッシュポテトに、好みによって選べるトッピングをかける、新感覚フードです。

今日はポテトクリームさんに潜入!nanapi編集部が、「ポテトクリームさんで過ごす週末」をご提案させていただきます。

ポテトクリームへの行き方

ポテトクリームは、駅から徒歩5分。雰囲気ただよう路地裏にあります。駅についたら、正面口の改札を出ましょう。

そのまますぐ右手に曲がります。

自由が丘デパートに沿って、まっすぐ歩きます。スイーツの名店「MONTBLANC」を左手に見ながら、直進です。

正面に亀屋万年堂の大きな看板が見えてきたら、もうすぐです!ちなみに亀屋万年堂の本店は自由が丘にあるんですよ。

左手にポテトクリームさんが現れました!初めての方はちょっとわかりにくいかもしれないので、見落とさないように要注意です。

この隠れ家感、好奇心をそそられますね。

それではさっそく、店内に潜入してみましょう。

ポテトクリームの楽しみかた

ポテトクリームでは、商品をテイクアウトすることも、店内で食べることもできます。どちらにしろ、まずは外にあるレジで商品を注文しましょう。

「ポテトクリーム」はすべて550円!定番の

  • ナスと挽肉のトマトポテトクリーム
  • カブと鶏肉のゴルゴンゾーラポテトクリーム

にくわえ、季節限定メニューが楽しめます。ちなみに今の季節限定メニューは、

  • 小松菜としらすの和風ポテトクリーム
  • 春菊と豚肉の豆乳ポテトクリーム
  • 海老ときのこのストロガノフポテトクリーム

の3種類です。

バゲット(2枚)やコーヒーがついたセットメニューもあります。バゲットセットは630円、コーヒー+バゲットセットは810円と、お手頃価格なのがうれしいところ。

店内は全席スタンディングです。

ポテトクリームのおすすめメニューは?

ポテトクリームの定番メニュー、「ナスと挽肉のトマトポテトクリーム」をいただきます。おしゃれでリッチな見た目です。

店員さん「やはり人気なのは定番メニューです。定番メニューはいつも多めに作っておくんですよ」

しっかりトマトの酸味がきいたソースには、おおきめの具がゴロゴロはいっていて、食べごたえ抜群です。

季節メニューからは、「春菊と豚肉の豆乳ポテトクリーム」をいただきました。冬の季節限定メニューとだけあって、ほっこりあたたまりそうな色合いです。

小さくカットされた春菊のさわやかな苦味がアクセントとなって、さっぱりといただけるメニュー。かいわれ大根とすりゴマがトッピングされ、和の風味も楽しめます。

店員さん「季節のメニューは、だいたい年に4回ほど展開します。それぞれのメニューをどのくらいの期間続けるかは決まっていなくて、仕入れの関係ですぐに終わるメニューもあります」

季節限定メニューが気になるなら、早めにお店を訪れたほうがよさそうですね。

ちなみに、スマホ(iPhone6s)と比較したサイズがこれくらい。小さめに見えますが、ぎっしりポテトとソースがつまっているので、かなりお腹にたまります。

店員さん「女性の方なら、これだけでお昼ごはんになるという方もいらっしゃいますよ」

なお、トッピングの増減もある程度は対応してくれるとのこと。大好きなトッピングをたっぷりとかけてもらう、苦手なものはちょっと減らしてもらう…などは、店員さんにご相談してみてくださいね。

ポテトクリームでのおすすめの過ごし方って?

ポテトクリームはテイクアウトも可能。ただしテイクアウトの場合も、あっつあつの状態で食べるのがいいのだとか。

店員さん「ポテトクリームは温かくてクリーミーな食べ物です。冷めると固くなり全く食感が変わってきてしまいます」

どうしてもテイクアウトして温め直して食べたい場合は、カップが耐熱ではないので、耐熱容器に移し替えてからレンジで1〜2分温めるのがいいとのこと。とはいえ、一度冷めてしまうと、温め直しても元のクリーミーさに戻ることはないそうです。なるべく温かいうちにいただくのが◎。

お客さんは、どのような方が訪れるのでしょうか?

店員さん「乳児からご高齢の方まで幅広くいらっしゃいますが、平均的に多いお客さまは女性の大学生や、主婦の方々です。20〜40代がメインです」

なお、やはり土日やオープン直後、お昼どきなどは混みあうそうなので、平日の14〜15時ごろならすいているとのこと。並びたくない方や、ゆっくりポテトクリームを楽しみたい方は、平日のお昼すぎが狙い目です。

なお、予約の受け付けはしていないそうです。

ポテトクリームに行ったなら…

ポテトクリームは、自由が丘駅の北側にあります。雑貨屋さんやスイーツ店が多く、散策にはもってこいのエリア。せっかくなのでちょっと歩いてみましょう!

ポテトクリームの奥まで石畳の道を進むと、こだわりの雑貨屋さんや食料品店がたくさん見つかります。右を見てみるとなんと…

緑豊かな熊野神社が。

お茶の専門店「ルピシア」の本店も、このあたりにあります。

少し歩くと、「自由が丘のヴェネツィア」こと、ラ・ヴィータが。雰囲気バツグンです。

ちなみに、ポテトクリーム店員さんのおすすめは、駅の反対側の緑道。

店員さん「お店からは少し離れるのですが、ベンチがずら〜っと並んでいて、テイクアウトの品を食べるにはもってこいかと。昼間から読書をしたりペットとくつろいでいたりしている方が多く、ゆっくりとした時間が流れています。春になれば桜並木が楽しめます」

ベンチに座って、のんびりとポテトクリームをいただく。とても優雅な時間が流れる週末になりそうです。

ポテトクリームで楽しい週末を!

新感覚のポテトフード「ポテトクリーム」は、ひとりで過ごす週末にも、女子会にも、デートにもぴったり!次の週末はポテトクリームで過ごしてみませんか?

店名 ポテトクリーム(Potato Cream)
TEL 03-3725-0222
住所 東京都目黒区自由が丘1-25-2 1F
アクセス 東急東横線・大井町線 自由が丘駅より徒歩5分ほど
営業時間 11:30~20:00(土日祝は12:00~20:00)
定休日 水曜日
参考WEBサイト Potato Cream - Facebook

(image by nanapi編集部)

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る