生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. たった2,000円で豪華食材が手に入る…!ふるさと納税で限界まで得する方法
マネーに関するハウツー

たった2,000円で豪華食材が手に入る…!ふるさと納税で限界まで得する方法PR

nanapiトピックス

「ふるさと納税」をご存じでしょうか。とってもおトクに日本各地の特産物などを楽しめるとあって、大変人気なんです。特に毎日の家計に頭を悩まされている主婦の皆さんにとっては、画期的なサービスとも言えます。

でも、「納税」って聞くとなんだか面倒そう…いくら寄付したらおトクになるのか計算が大変そう…と、なんだか尻込みしてしまっている方も多いのでは?確定申告が必要らしい、限度額があるらしい…なんて聞くと、いくらおトクだと言っても、面倒になってしまいますよね。

しかし、実はふるさと納税の手続きってとっても簡単に済ませられるんです!最近では、確定申告が不要になったり、控除額が増えたりと、もっと便利に・おトクになったふるさと納税。毎日がんばる夫や育ち盛りの子どもにおいしいごはんを食べさせてあげたい、そんな主婦の願いをおトクに叶えてくれるかもしれません。

ということでここでは、ふるさと納税の基本的なやり方と、限界までトクするためのポイントを、実際の流れに沿ってご紹介します!

ふるさと納税って何?

やり方の説明の前に、まずはふるさと納税についておさらいしておきましょう。

ポイント1:ふるさと納税=「自治体への寄付金」

ふるさと納税とは、納税先の自治体への寄付金です。地方自治体に寄付金という形でお金をおさめることができます。「ふるさと」と聞くと、まるで自分の生まれ故郷への納税のような印象を受けますが、納税する自治体は自由に選ぶことができます。

ポイント2:寄付をすると特典がもらえる場合がある!

ふるさと納税を一躍有名にしたのは、この「特典」の存在です。一定額以上を寄付した場合、その自治体の特産物などの「特典」を送ってくれる自治体があるのです。なお特典は、お米やお肉といった食材から、工芸品や日用品まで、内容は様々。最近では、iPadを特典にする自治体もあらわれ、大きな話題となりました。

ポイント3:「おトク」のからくり

日本では、2,000円をこえる寄付金をおさめると、「所得控除」を受けることができるという制度があります。ふるさと納税で寄付する場合も、もちろんこの「所得控除」を受けることができます。これにより、2,000円を超えた寄付金の金額分、払う税金の額が減ることになり、結果として2,000円で豪華特典が楽しめるというわけです。

ただし、控除される額は住民税の2割程度までと決められています。その額をオーバーした分は自己負担となります。

ふるさと納税の基本的なやり方

うまく使えばたった2,000円で高級食材や豪華商品をGETできるふるさと納税。俄然興味が湧いてきましたね!ということで、実際の寄付の方法を、「兵庫県朝来市」への寄付を例にとってご説明します。

朝来市は、あの「日本のマチュピチュ」とも名高い、竹田城跡でおなじみの市。竹田城跡だけでなく、日本三大葱の1つである岩津ねぎ・兵庫の名物但馬牛なども有名で、ふるさと納税先としてもオススメです。

STEP1:寄付したい自治体を選ぶ

ふるさと納税に参加している自治体を選びます。参加自治体情報をまとめていて、寄付までできるWEBのサービスなどを使うのがおすすめです。

今回は、ケータイ料金と一緒に寄付ができるのが便利なドコモ口座のふるさと納税サービスを使ってみることにしました。

STEP2:寄付を申し込む

寄付したい自治体を決めたら、申し込みです。必要事項を入力するだけで、簡単に寄付することができます。

ドコモ口座で支払う場合、お支払い方法で「ドコモ口座」を選択すればOK。お申し込み完了メールに記載されたURLに移動して暗証番号や送金方法を選択すれば、寄付完了です。

STEP3:特典を受け取る

特典は、自治体や特典内容によって、送られてくる時期が異なるようです。送付まで時間のかかるものもあるため、気長に待ちましょう。

STEP4:確定申告をする

ふるさと納税は、特典をもらって終わりではありません。しっかり控除を受けるために、確定申告をしましょう!

2015年4月からは「ワンストップ特例制度」が始まり、5団体までの寄付なら確定申告が不要になりました。サラリーマンや主婦の方などもともと確定申告が不要で、かつ寄付先が5団体を超えていない方なら、寄付先の自治体に申請書を郵送するだけでOK。ふるさと納税がより手軽な存在になりました。

STEP5:控除を受ける

あとは控除されるのを待つだけです。前述のとおり、実際に控除を受けるのは翌年度以降になります。

ふるさと納税でトクするために知っておきたいポイント

おトクで簡単なふるさと納税、どうせならもっともっとおトクに使いたいですね。自己負担額2,000円でどこまでおトクにできるか、その限界を考えてみました。

ポイント1:いくらまでなら自己負担2,000円でいけるのか確認する

まずは、自己負担額が2,000円をオーバーしないようにするのが大切です。住民税の2割程度をオーバーしてしまうと、超えた分は自腹で払わなければいけません。

とはいえ、「住民税の2割程度」っていくらぐらいなのでしょう?自分の住民税額を覚えている人はあまりいませんよね。そもそも「2割程度」の「程度」ってどのくらいなんでしょう?

そんな方は、総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」をチェック。年収と家族構成別に、全額が控除される寄付金額の目安を一覧にまとめられています。

こちらはあくまで目安なので、正確な上限額が知りたい場合は「税金控除額シミュレーター」を利用すると便利です。「給与取得の源泉徴収票」と、「市町村民税・都道府県民税特別徴収税額の決定・変更通知書(納税義務者用)」があれば、自動で算出してくれますよ。

ポイント2:コスパが高いものを選ぶ

自己負担額2,000円でおさまる上限額を調べたら、その範囲内でもらうことのできる特典の中で、コスパのいいものを探しましょう。

「コスパ」と一言にいっても、その考え方は様々。金額だけで選ぶのではなく、「本当にほしいか」「ふるさと納税だからこそもらえるものか」なども考慮してコスパを判断するのがおすすめです!

それでは、朝来市の特典のうち、3万円までの寄付でもらえるもののなかで、コスパのいいものを探してみましょう!

見た目のインパクトは抜群、但馬牛の肩ロース スライス(700g)です。一般的な但馬牛肩ロースの相場は100gあたり約1,500〜2,000円ほどなので、普通に買うと700gで10,000円は超える計算に。これはかなりコスパがよさそうです。すき焼きや牛しゃぶにおすすめ!

自然の恵みを活かして作られた、2種類のコシヒカリが詰め合わせになったセットです。なんと、2kgの米袋がそれぞれ3つずつ、計12kgものコシヒカリ!コシヒカリの相場は5kgで3,500円程度なので、普通に買うと約8,400円。おいしいお米を長く・毎日楽しめると考えると、金額以上のコスパを実感できそうです。

お酒好きにはたまらない大吟醸も発見!木箱に入った、高級な限定品です。普通に購入すると5,400円ですが、限定品というレア感でコスパもUPするのでは?毎日の晩酌を1ランクアップさせてくれそうです。

ふるさと納税するならドコモ口座がオススメ!

ふるさと納税をしてみたくなったら、ドコモ口座からの申し込みがオススメなんです!

ドコモ口座から申しこめば、

  • ドコモ口座からカンタンに納税
  • 月々の携帯料金と一緒にお支払い(※2万円まで)

の2パターンから支払い方法を選ぶことができます。携帯料金に合算しての決済もできるのが魅力ですね!ドコモ口座自体の開設も簡単です。

しかも、ふるさと納税払いは、携帯料金と一緒に払っても、ドコモ口座から支払っても手数料は無料なんです。

ふるさと納税はじめるならキャンペーン中の今がチャンス!

今なら、抽選で100名にdポイント2,000P付与&全員に寄付額の1%のポイント付与のキャンペーン中です。dポイントは、コンビニや映画館で使える、便利なポイントです。dポイントの還元で、ふるさと納税がもっとおトクに!

かんたんに決済ができてdポイント還元キャンペーンも開催中の、ドコモ口座でのふるさと納税。この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね!

(image by 写真AC)
(image by PAKUTASO1 2)
(image by ドコモ口座)

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る