生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 自転車が美容アイテムに?ママチャリ美容で健康的なスリム体型が手に入る!?
マネーに関するハウツー

自転車が美容アイテムに?ママチャリ美容で健康的なスリム体型が手に入る!?PR

nanapiトピックス

2013年時点で、日本全国における自転車の保有台数は約7200万台(※)。国民の1.7人に1人は自転車を持っている計算です。子どもの送り迎えや買い物のときなど、身近で便利な存在である自転車ですが、実は心がけ次第で美容と健康を叶えるアイテムに大変身しちゃうんです。

たとえば、自転車をこぐのはジョギングやウォーキングと同じ有酸素運動なので、ダイエットに効果てきめん! 効率よく脂肪を燃焼して、スリムな体型に近づけるんです。また、適度な運動は、健康の維持にも欠かせませんよね。しかも乗り方を少し工夫するだけで、さらに美容&健康効果がアップします。

楽に適度な運動ができる自転車ライフは、きっと心も豊かにしてくれるはず。あたたかい季節に向けて、ママチャリ美容を始めてみませんか?ここでは、日常のなかで無理せず続けられる、ママチャリ美容のコツを紹介します。

ママチャリ美容の効果って?

有酸素運動で脂肪を燃焼!

自転車をこぐことは、ダイエットに効果的といわれる有酸素運動のひとつ。それはなぜかというと、有酸素運動を続けると、体内の脂肪をエネルギーとして使ってくれるから。

しかも、激しい運動と違って、疲れやだるさを感じずに続けられるのもうれしいポイント! 毎日継続的に続けることで、基礎代謝も上がり、太りにくくやせやすい体質をゲットできちゃいます。

スラリ! チャリジェンヌ美脚をゲット

無理のないサイクリングって、実は美脚にいいってご存知でしたか? ポイントをつかんだ自転車やせを心得ているチャリジェンヌたちは、快適で楽しいサイクリングを楽しみながら、同時に脚痩せダイエットもしているんです。

また、自転車を上手に乗りこなすことで、脚だけでなくお腹の引き締めやヒップアップにも効果があります。体を引き締めるための手段としても、やってみる価値がありそうですね。週末のリフレッシュにも最適なので、健全な心と体を目指せるところもポイントです。

ランニングなどのスポーツとは違って、体を激しく揺らさないので、バストやヒップのたるみも気にせず楽しめますよ。

適度な運動で健康をキープ

健康を維持するために、適度な運動が欠かせないのはよく知られていることですよね。自転車をこぐと、下半身の大きな筋肉がたくさんの酸素を消費燃焼するので心肺機能の向上につながります。

また、血行もよくなるので、冷え性が気にならなくなったり、老廃物がきちんと排出されて美肌になったりという効果も期待できそうです。

ママチャリ美容はダイエット・美脚・健康維持に効果的!

楽しく自転車に乗って美容&健康効果をアップさせる方法

ママチャリ美容の美容&健康効果を最大限引き出すためには、自転車のこぎ方や乗り方にコツがあります。

また、間違ったこぎ方をしていると、余計な筋肉がついて脚が太くなる原因になってしまうかも…。太ももやふくらはぎへの負担を減らすこぎ方をすれば、スラリとした体形や健康的なカラダはもちろん、スラッとした美脚まで手に入っちゃいます。

ポイント1:サドルを高くする

サドルが低いと太ももやふくらはぎなど、太くなってほしくないところに負担がかかり、筋肉太りの原因に! サドルを高くして前傾姿勢を保つことで、身体全体で体重を支えるようにするのがコツなんです。

サドルを高くすると、普段使わない筋肉まで使えるようになるので、脚だけでなく身体全体が引き締まってきますよ。

サドルの高さの目安は、座ったときに安全に足先がつく程度です。無理をしないように調整してみてくださいね!

ポイント2:ギアは軽めに設定する

しっかり運動できるようにギアを重めにしていませんか? しかし実は、ギアは軽めにして軽くクルクル回すのが脚を引き締めるポイントです。重いペダルをがんばってこぐのではなく、軽くてもいいので回転数を増やすようにしましょう。

でも、力いっぱい速くこぐのはNG!平らな道を無理なく軽快にクルクル。長時間、一定の速度で走るのが美脚のコツです。また、こぐときは「足の親指の付け根」を使うようにしましょう。

軽めのギアなら、無理せず楽にこぐことができるので、長時間の運動でも疲れにくいんです。身体のだるさを感じにくく、継続的に運動ができるので健康効果がさらにアップします!

ポイント3:フォームにこだわる

自転車を乗りこなすにはフォームを学ぶ必要があります。下半身だけでなく、上半身の姿勢も重要です。

  • 1:腹筋に力をいれて骨盤を立て、背中を丸める
  • 2:あごを引く
  • 3:腕はリラックスして軽くハンドルを握る

ポイントはリラックスです!腹筋以外はリラックスしてこのフォームを保つようにしましょう。正しい姿勢で自転車をこげば、お腹や二の腕の引き締め効果も期待できます。

正しい姿勢を保ちにくいというときは、ハンドルとサドルの高さのバランスが悪いのかも。ハンドルとサドルは、だいたい同じくらいの高さにしておくと、無理なく正しい姿勢が保てますよ。

忘れちゃいけない「自転車事故のリスクヘッジ」

健康だけでなく、美容アイテムとしても優秀な自転車ですが、交通ルールをしっかり守って走行することが大切です。しかし、どんなに注意していても、場合によっては自分がケガをしてしまったり、人にケガを負わせてしまったりすることがあります。

たとえば、自転車で人にぶつかってしまい、意識不明にさせてしまうような事故では、9,521万円の賠償額を請求されたケースもあります。(神戸地方裁判所 2013/7/4判決)

そんなときのために、加入しておきたいのが自転車向けの保険です。大人のマナーとしても、しっかり自転車向け保険について知識を持っておきましょう!

自転車向け保険は必要なの?

過去の事例からもわかるように、自転車事故の賠償金額は高額化しています。自転車は軽車両。被害者になることはもちろん、加害者となる可能性を念頭におく必要があります。

自転車事故のリスクに備えて、保険に加入しておくことは、とても大切なことなのです。

「でも、自転車向け保険はどんなものなの?」という方のために、au損保の「自転車向け保険」を例にご紹介します。

au損保の「自転車向け保険」の4つの特徴

  • 1:自転車事故によるケガ…保険金が2倍
  • 2:個人賠償責任補償…最大2億円(ゴールドコースの場合)
  • 3:あなたに代わって交渉します…示談代行サービス(賠償事故解決特約)付き
  • 4:故障や事故時にも安心…自転車ロードサービス

au損保の「自転車向け保険」は、自転車での転倒や接触事故はもちろん、自転車以外の交通事故によるケガも補償。高額賠償への備えができるところが心強いですよね。

さらに、自転車事故や故障のときの搬送サービス「自転車ロードサービス」は、24時間365日対応。外出先での「タイヤのパンク」や「チェーンが外れて自力で直せない…」なんていうときにも安心なんです!

アプリで簡単! 自転車ロードサービス要請

さらに、au損保の「自転車向け保険」に加入していると、スマートフォンアプリ自転車の日のGPS機能を使って自転車ロードサービスを要請することができます。''いざというとき、焦らず簡単に使えるのはうれしいですよね。

ほかにも、契約内容の照会や自転車に乗るときのルールの確認、自転車関連施設検索など、便利な機能が満載! 保険を契約していなくても使えるサービスがあるので、自転車に乗る機会が多いならダウンロードしておくのがおすすめです。

安心・安全にママチャリ美容にトライ!

適度で楽しい運動を続けることで、ダイエットや健康に効果的なママチャリ美容。手軽で身近な方法だからこそ、安心・安全に続けたいですよね。毎日の習慣にママチャリ美容を取り入れて、健康的なスリム体型を手に入れちゃいましょう!

※ 出典:自転車産業振興協会「平成24年度 自転車保有実態に関する調査報告書(要約)」

(image by PresenPic1,2,3,4,5,6)

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る