1. PICK UP
    2. まだ冷たいバターで消耗しているの?エリートはみんなバターミルを使っていますよ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    まだ冷たいバターで消耗しているの?エリートはみんなバターミルを使っていますよ

    nanapi

    こんにちは

    「けんすう」こと古川ともうします。

    はい、というわけです。

    イケダハヤトさんという人気ブロガーさんの煽りを使ってみましたが、人を煽るのに慣れていない私といたしましては、世の中を、敵と味方を2つにわけて、対抗させることでエネルギーを生じさせる、という技術はないことに気付きました。

    そもそも世の中というのは、敵・味方という単純な二元論で片付けられるものではなく、複雑性の中に生きながら、なんとか折り合いをつけてやっていくしかないわけです。

    消耗しててもいいじゃないか。その消耗の先に幸せがあるかもしれないわけですし、消耗しなかったからといって、充実した人生が送れるかというと別問題なわけです。

    そもそも、この記事タイトルを速攻でOKを出して、しかも「タイトルだけで今すぐ欲しくなりました!」までいうau WALLET Market powered by LUXAのご担当者さまも、なかなか適当なことをいうな、という感が否めないです。

    しかし、今回紹介する商品は、ちょっと良いです。「とても良い」とか「是非買ったほうがいい」とかまでいかない商品だというのは正直ありますが、「あったら意外と便利な生活用品」という面ではトップクラスです。

    その名も「バターミル」です。

    消耗をしてもいいじゃないかといいつつ、無駄な生活のストレスを感じる必要はないわけです。ストレスというのは、一つ一つが軽くても、積み上がると大きな負荷になったりするわけで、丁寧に取り除いてあげるべきものなのです。

    さて、どんな商品なのか、紹介してみます。

    どんなものなのか

    もう一度、今回紹介する商品名をお伝えすると、「バターミル」です。

    多くの人が、見たことも聞いたこともないのではないでしょうか。何に使うかというと、バターを塗りやすくするためのものです。

    朝はパン派、という方も多いと思います。そういうことを書くと、「なぜ米が主食の日本において、パンがこれほどまで幅をきかせているか」「それは第二次世界大戦後のGHQ体制下からであり、アメリカの陰謀である」といった方が出てくることもあって、びっくりするのですが、今回はそういう話ではありません。

    食パンにおける、バターです。

    パンで一番ベーシックといえば食パンです。食べるパンと書いて食パンです。食パンの話をすると、「なぜ、パンは食べるものなのに、わざわざ食パン、という言い方をしているか?」とわざわざいう人がいます。なぜか、こういう話を持ち出す人というのは、「みんなが気づいていないところをわざわざ指摘する、この斜めの視点かっこいい」と思っていたりしそうな感じなのですが、みんな思っているし、一度くらいは人生でその話をしているから、わざわざ言わないわけだけです。なぜ食パンのと呼ぶのか、というのは様々な説があり、そのうちの一つは、「もとをたどると食パンのことは『本食パン』と呼んでいた」というものだったりしますが、今回はその話ではありません。

    食パンとバターの関係です。

    そもそもバターというのは、紀元前4千年から作られていたのではないかという説があります。とても歴史が長いわけですね。日本では、江戸時代から作られ始めていますが、最初は薬用的な使われ方をされており、本格的に食用に使うようになったのは、明治時代からです。西洋ぽいことを「バタくさい」といったりしますが、これはバターの匂い=西洋ぽい、ということから来ているようですが、今回はその話ではありません。

    「バターの歴史」より

    バターを冷蔵庫に入れておくと、冷たくなって、パンに塗りづらい、という話をしたいんです。

    これが冷たいバターです。

    バターをとって

    塗ります。

    固いので、なかなか塗れません。

    なんかパンが凹んだりします。

    悲しいですよね。

    そこで登場

    そこで、登場するのが「バターミル」です。

    コーヒーミルとかあるじゃないですか。そもそも「ミル」とは、回転を利用した工作機械のことをいいます。バターを、回転を利用した機械を使って、アレするというのが、バターミルです。

    どう使うかというと・・・

    バターを入れて、回していくと・・・

    すると、こう出てくるから

    こうすれば

    すごい塗りやすい!

    要は、細長いバターが無数にでてくる仕組みなので、バターがふんわりとして塗りやすいのです。

    どう良いのか?

    まとめると、

    • 冷たいバターは塗りづらい
    • バターミルを使うと、細長くバターが出てくるので、ふんわり塗れる
    • 幸せ

    ということです。

    え、これだけ?と思うかもしれませんが、これだけです。

    いちいちパンにバターを塗るだけで、こんなのいるのかよ?と思うかもしれませんが、バターを入れっぱなしで冷蔵庫で保存できるのです。

    毎日パンを食べる人にとっては、ここから取り出して、回転させてかんたんに塗れるので、朝のストレスがちょっと減るのです。

    毎日のストレスがちょっと減るだけで、人生の消耗が減っていくので、とてもおすすめですね。

    au WALLET Market powered by LUXAで小粋なアイテムを見つけよう

    こんな感じの、小粋な商品やサービスを日替わりでセールしているのが、「au WALLET Market powered by LUXA」です。商品がお昼の12時に約50〜100も更新され、タイムセールで最大90%も値引きされています。

    auユーザーのみなさまや、au WALLETプリペイドカードやau WALLET クレジットカードを使っている人だと、ポイントがたまっている人もいると思います。そのポイントを使っての購入もできるので、非常にお得ですね。

    auユーザーなら、配送先の住所などを入れる必要もないので、とても楽に注文できます。

    バターミル!

    このライフレシピを書いた人
    nanapi編集部