生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 「ダメージ髪」をセルフチェック!プロが教える悩みのワケ&簡単ヘアケア法
美容・ビューティ

「ダメージ髪」をセルフチェック!プロが教える悩みのワケ&簡単ヘアケア法PR

nanapiトピックス

「最近、ヘアスタイルが決まらない」「ボリュームが減ってきた」…女性なら誰でも気になる髪の悩み。年齢を重ねることで悩みが顕著になってきたと感じる人も多いのではないでしょうか?

そうなってきたら、一度ヘアケアを見直すいいタイミング。もしかしたら、気づかないうちにダメージが蓄積してしまっているのかもしれません!

そこで、プロのビューティーアドバイザーに髪の悩みと共に、髪のダメージを診断してもらうことにしました!悩み多きアラサーnanapiスタッフにも、ぴったりなヘアケア方法は見つかるのでしょうか…?

自分でできるカンタン「髪のダメージ診断」

まずは髪のダメージチェックをしてみましょう。誰でも自分で簡単にできるチェックリストを用意しました。下記のチェックで当てはまった数を覚えておいてくださいね。

ダメ―ジレベルのチェックリスト

  • 1:カラーやパーマを繰り返し行っている
  • 2:枝毛が気になる、または枝毛が最近増えたと感じる
  • 3:毛先のまとまりが悪く、広がってしまう
  • 4:ヘアアイロンを、ほぼ毎日使っている
  • 5:根元と毛先では手触りが違う(毛先のほうがパサついている、または、硬く感じる)
  • 6:手ぐしやコームで髪をとかしたときに引っかかる

気になる診断結果は…?

  • 0~1…健康な髪
  • 2~4…少し傷んでいる髪
  • 5~6…深刻なダメージヘア

残念ながら、当てはまった数が多いほど、ダメージを受けているという判定に。特に、チェックリストで5つ以上当てはまってしまった人は、深刻なダメージヘアの可能性が…!

髪悩みはあったものの、髪そのもののダメージについてはあまり気にしていなかったnanapiスタッフ。今回チェックしてみたら、なんと5つ当てはまってしまいました。これはショック…。

プロのアドバイスを求めて

今回、ヘアケアについてアドバイス頂けるのは、ヘンケルジャパン株式会社のビューティーアドバイザー上道由佳さん(以下、上道さん)。こちらはドイツを拠点とし、ヘア・コスメティックブランド「シュワルツコフ(Schwarzkopf)」を展開する100年以上の歴史を持つ会社です。

美容師の資格も持つ上道さんは普段、都内を中心にロフトや東急ハンズなどの店頭に立ち、髪に悩みを抱える多くの方にアドバイスを行っているヘアケアを知りつくした達人!

その人にぴったりなヘアケア方法を「髪悩み」から「なりたい髪」、そして「髪のダメージ」を軸に教えてくれます。普段、人に相談しにくい髪の悩みを聞いてもらえるなんて、とっても貴重で楽しみです!

プロの髪診断!髪悩みの原因とは

早速カウンセリング!「カラーの色抜け、早くない?」

「カラーの色抜けが早いなと思ったりしませんか?毛先のパサパサもちょっと気になりますね」(上道さん)

髪の状態をチェックしてもらうとすぐに、アドバイザー上道さんからの鋭い指摘。確かに最近、色抜けがやたら早い…。

また、ダメージチェックの項目でも「髪をとかしたときに引っかかる」「根元と毛先では手触りが違う」に該当していて、毛先のパサパサ具合も気になっていました

「髪が“乾燥”していますね。歳を重ねると、どうしても体の代謝が落ちてきます。同じように、髪は歳を重ねることで、水分や油分のバランスが変わってきます。カラーの繰り返しも髪の乾燥の原因の一つです」(上道さん)

と的確なアドバイス。いつもと同じケアをしているのに、だんだん色抜けが早くなったり、パサパサが気になり始めたのは加齢による乾燥が原因だったんですね!

カラーやパーマでダメージが蓄積すると髪が乾燥しやすくなり、このような髪悩みが増えていくそうです。

「髪が乾きにくい」は危険信号?!

「あとドライヤーをかけてもなかなか髪が乾かない、なんてことはありませんか?」(上道さん)

あります!髪のボリュームが多いから乾きにくいと思っていたけど、実はダメージ…?!

例えば、髪に水をかけたとき、水滴になる前に即吸水してしまう人は、スポンジ髪になっている可能性があるとのこと。ダメージによって髪の内部がスカスカになっているため、水分をスポンジのようにたっぷり吸い込んでしまって、ドライヤーをかけてもなかなか乾かないのだとか!

「ダメージヘア」にはひと手間かけてトリートメント

nanapiスタッフは長い間カラーを繰り返しているので、毛先に向かってダメージが蓄積中…。

「髪のダメージが気になるという人は、髪内部を補修して、最後にコーティングするというステップをヘアケアに組み込んでみてください。コシのあるしなやかな髪になれますよ」(上道さん)

色々なトリートメントがある中でオススメされたのは、シュワルツコフからアジアの女性向けに作られたヘアケアアイテム、ビオロジー(beology)の集中トリートメント※。

「ポイントは、シャンプーで髪を洗った後、髪の水分をタオルでさっと拭いてから使用すること。トリートメントが密着しやすく、効きが違ってきますよ!」(上道さん)

使い方はとっても簡単です。普段使いのトリートメントをつけたら、洗い流さずにこの集中トリートメントを上から重ねづけ。3~5分放置した後、よくすすいで完了です。

何度も洗い流さなくていいので手間にならず、月に1~2回の使用頻度で髪内部から毛先まで徹底補修してくれるのだそう。上道さんのテクニックを取り入れて、今日から早速試してみたいですね!

※ビオロジー トリートメント インテンシブ:深刻なダメージヘアのための集中トリートメント

毛先のパサパサをケアして即「ツヤ髪」に!

さらに、毛先のパサパサにはこれ!と上道さんが教えてくれたのが、ビオロジーの洗い流さないタイプのトリートメント。乾燥している部分に適量を馴染ませるだけでパサパサ感が気にならなくなります。

「ビオロジーのトリートメントは、サロンでも認められている補修テクノロジーが採用されていて、髪内部にとどまってダメージ補修をしながらツヤ髪に仕上げてくれるんです。毛先のパサつきにもぴったりで、しっとりまとまりますよ」(上道さん)

毛先のパサつきどころか、ものすごいツヤが出て驚きでした!シャンプーもブローもせず、手櫛でこんなにもツヤツヤに♪

髪悩みが増えたタイミングが「なりたい髪」に近づくチャンス!

ダメージ別アイテム早見表

最後に上道さんが教えてくれたのは、ダメージ別のアイテムの選び方!先ほどのダメージ診断と合わせて確認してみてください。

ダメージが気にならないなら、普段のシャンプーとトリートメントだけでOK。少し傷んでいると感じたらマスクを。毛の内部までダメージが進んでいるなと感じたら、集中トリートメントをプラスして、適切なケアを心がけて。

上道さんがおススメしてくれたビオロジーにも、対応できるアイテムがラインナップされていますよ。シュワルツコフのサロン品質をお家でも体験してみましょう!

今ならLOFT限定で、ビオロジーの「バスソルト付きシャンプー&コンディショナーお試しセット」が、数量限定2,400円で発売中です。気になったら、お得にトライしてみてくださいね。

(image by PIXTA 1 2)
(image by nanapi編集部)
(image by ヘンケルジャパン株式会社)

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る